北朝鮮が「瀬取り」による石油精製品の密輸入など国連制裁の違反を続けていると、専門家パネルが指摘したことがJNNの取材で分かりました。

 国連の専門家パネルが今年上半期の北朝鮮による制裁逃れについて中間報告書をまとめ、安保理の制裁委員会に提出したことが関係者への取材で分かりました。

 関係者によると、専門家パネルはアメリカや日本などが提出した証拠も踏まえ、北朝鮮が洋上で積み荷を移し替える「瀬取り」で石油精製品の密輸入を繰り返したと指摘したということです。ただ、北朝鮮に石油精製品を供給する中国・ロシアに配慮して、表現は一部弱められたということです。

 報告書の扱いをめぐって、去年はアメリカとロシアが対立し公表に至らなかったため、今後、安保理内で公表に向け合意できるか注目されます。(03日13:28)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190803-00000033-jnn-int



PDF