韓国軍の合同参謀本部によると、北朝鮮は10日未明、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムン)付近から未確認の「飛翔(ひしょう)体」を日本海に向けて2発発射した。韓国大統領府は関係閣僚会議を開き「短距離弾道ミサイル」との分析を示した。北朝鮮による飛翔体の発射は、7月下旬以降、5回目。


 韓国軍によると、飛翔体は同日午前5時34分ごろと同50分ごろに発射された。高度は約48キロ、飛行距離は約400キロ、最大速度はマッハ6・1以上と推定している。

 北朝鮮は7月25日、同31日、8月2日、同6日にも飛翔体を発射。朝鮮中央通信によると、いずれも金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察し、6日の発射は「新型戦術誘導弾」の試射と主張した。

 北朝鮮は、5日に始まって20日ごろまで行われる米韓合同軍事演習に強く反発している。韓国大統領府報道官は10日の発射について「韓米合同訓練に対する武力示威を名目とした新型の飛翔体の性能確認」との見方を示し、朝鮮半島の軍事的緊張を高めるとして中断を求めた。

 米政権高官は朝日新聞の取材に対し「状況を注視し、同盟国である日韓両国と緊密に意見交換していく」と述べた。(ソウル=武田肇、ワシントン=園田耕司)

■防衛省「日本の領域への飛来なし」

 北朝鮮による飛翔(ひしょう)体発射について、防衛省は10日朝、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていないと発表した。その上で、「現時点において、我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000005-asahi-int


PDF