【北京時事】中国外務省の耿爽副報道局長は19日の記者会見で、米政権が台湾への新型戦闘機F16Vの売却を承認したことを受け「直ちに武器売却計画を取り消すよう促す」と要求した。

 
 耿氏は「台湾へのF16V戦闘機の売却案について、中国は米国に何度も厳正に申し入れた」と述べ、複数回抗議したことを強調。改めて「中国の主権と安全保障上の利益を損なうもので、断固とした反対を表明する」と訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000075-jij-cn



PDF