【ロンドン時事】英政府は20日、欧州連合(EU)の会議に9月1日から原則出席しないと発表した。

10月31日が期限のEU離脱を前に、「EUの会議の束縛から政府代表者を解放し、喫緊の優先事項に専念させることは理にかなっている」と説明。国益に関わる重要な会議に限り、引き続き出席するという。

 この決定は、EUのトゥスク大統領が20日にジョンソン英首相からの離脱案修正要求を拒絶した直後に発表された。バークレイ離脱担当相は「あまりにも多くの時間と努力がEUの会議に費やされている。今後は本当に重要な会議にしか出席しない」と述べた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000010-jij-eurp


PDF