【ソウル時事】韓国外務省の趙世暎第1次官は28日、ハリス駐韓米大使と会談し、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告などをめぐり、米国務省が「失望」や懸念を表明していることに対し、自制を求めた。

 韓国メディアが報じた。米政府の対応に、韓国側が不満を伝えた形だ。

 韓国外務省や韓国紙・中央日報(電子版)によると、趙氏は協定破棄の決定は日韓の2国間関係の観点から検討し、決定したと強調。米韓同盟に影響を与えないにもかかわらず、韓国側の対応に米側が失望や懸念を繰り返し表明していることに「同盟強化の助けにならない」と注文を付けた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000143-jij-kr


PDF