運命は「三振法」のもとに
アメリカで終身刑となって収監されていた男が、36年間のときを経て釈放されることになった。

1983年、アラバマ州出身のアルヴィン・ケナードは、窃盗による「仮釈放の可能性なしの終身刑」を言い渡された。パン屋に押し入って強盗したからだ。英紙「ガーディアン」によれば、彼は当時22歳で、盗んだ金額は50.75ドルだった。

釈放が決まった当日、法廷でのアルヴィン・ケナード(左) Photo: Twitter
たかが50ドル、されど50ドル……なぜこんなにも厳しい判決が下りてしまったのか。

その原因は、1970年代にアラバマ州で成立した、通称「三振法」にあった(ほかの多くの州では1990年代に成立)。それは、3度目の有罪判決を受けた場合、どんなに軽犯罪であっても終身刑となるという法律である。

当時、仮出所した受刑者の再犯率が高かったために、仮出所なしの終身刑を課すことで、こうした事態を防ぐのが目的だった。野球においてストライク3つでアウトになることから、三振法という名前が付けられた

怪我人はゼロだった
そして1983年、前科であるガソリンスタンドへの窃盗により3年間の執行猶予中だったケナードは、ナイフを片手にパン屋に強盗に入ってしまう。幸いなことに怪我人はゼロ。終身刑は避けられなかった。

だが2019年8月28日、ついにケナードは自由の身となることが決まった。同州の裁判官であるデイヴィッド・カーペンターが、彼の釈放を命じたからだ。現在、ケナードは58歳である。

この釈放の背景には、2013年の制度変更がある。当時、アメリカの刑務所は受刑者の過密状態に直面していた。そこでアラバマ州では、判決ガイドラインが再考され、裁判官に恩赦や仮釈放の権限がより与えられるようになった。たとえばケナードのようなケースでは、最低10年間の懲役を必須としつつも、「仮釈放の可能性あり」と変更された。

親族や友人が迎えに…
米紙「ワシントン・ポスト」によると、釈放が言い渡された当日、ケナードは法廷で自分の罪を心から後悔していることに加え、物事を立て直すチャンスがほしいと懇願した。

「もし釈放されたら大工になって、ここ地元で家族と一緒に暮らしたいです」

法廷には14人の親族や友人が集まり、両手を広げてケナードを迎えた。必要書類が整い次第、彼は釈放されることになっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190901-00000002-courrier-int

みんなの意見


名無しさん
日本にも三振法の導入をお願いしたい。

名無しさん
これは、日本でも必要だな。外国人犯罪者も増加するだろうし。

名無しさん
仏の顔も3度までみたいな法律ですね。日本も、麻薬犯罪がそうですが…初回は執行猶予、2回目もギリギリ執行猶予がついて、3回目は実刑のパターンが多いのですが、アメリカは刑の重さが日本と違いますからね。日本で、この三振法導入するにしても刑罰を重くしないと意味がないのでは?

名無しさん
日本でも導入について検討しても良いのでは?
日本では万引きをしても実刑にはほとんどならないので、『つい軽い気持ちで…』みたいな人が後を絶たないのだと思う。

ずりゅ
さすがに更生の機会を3回もやってダメならダメでしょう。
日本でも導入願います。

名無しさん
「見出し」がおかしい。三振法に触れなければ、50ドルの窃盗の意味を読者は確実に誤解する。日本だって、三振法を検討してもいいと思ってる人たちはいるはずだ。

名無しさん
三振法、素晴らしいと思います。
悪いことをしたらすべての罪人に終身刑以上の罪をかぶせるべきです。
絶対悪いことはしなくなるはずです。
ただ、収用する場所がなくなると思いますし、私たちの税金が使われるのも腹立たしいので、動物園のおりのようなものに収用してください。
見せしめにもなりますしね。

名無しさん
日本でも導入してほしいけど、それをやるには財源の問題が出てくるよね。場所の確保も難しいだろうし。

名無しさん
終身刑が妥当かどうかは別としてもし半年1年くらいで出所してればまた犯罪を繰り返してたと思われるから無駄な懲役って事でもなかったんじゃないか
アメリカで強盗とか繰り返してればそのうち人を殺すか逆に射殺されてた可能性高いんだから

名無しさん
こいつがまた強盗をやる可能性は50パーセント以上あると思う。もし、マジメに生きるならば、2回捕まった時点で更生している。いや、一度捕まった時点で更生している。加害者の人生より被害者の人生を大切にする国であるべき。こいつが本当に大工として頑張る事は年齢的にも厳しいと思う。

名無しさん
裁判の人件費とか、税金の方が高くついてしまうわけで、ベーシックインカムの導入の議論が活発になると良いのですけどね。このケースは怪我人は出なかったけれども、アメリカでは銃の乱射は日常ですからね。

名無しさん
現状、刑罰が軽すぎると思う。厳罰化すればそれで良いというものでも有りませんが。それでもやっぱり軽すぎると思う。軽い犯罪とか軽犯罪とかいう表現が問題。遵法精神の欠如した輩が多すぎ!

名無しさん
日本にも導入してほしいです。
犯罪に至った背景によっては情状酌量の余地はもちろんあれど(襲われて抵抗した…とかその他色々)、基本的に年齢関係なく初犯から最低10年は出てこないでほしい。
犯罪犯して、自分勝手に人殺してそれでも再スタートがあるっては甘すぎて吐き気がする。
精神的に正常な判断ができずに裁かれないなら、専用の檻から一生出たくないでほしい。

名無しさん
3回も罪を犯す輩には真っ当な法律だと思います。たかが50ドルかもしれませんが被害者は50ドルを労働の対価として得ているのです。たった50ドルと記載するライターの心理に腹立たしさを感じます。日本でもこの法案を採択し被害者への救済に尽力すべきだと思います。

名無しさん
日本は善くも悪くも
慎重すぎるイメージがある。
海外では
日本では信じられないような
事件や事故があるけど。
日本には犯罪者に甘いイメージがある。

名無しさん
怪我人がいないから何?
強盗被害を受けた側は、一生トラウマ抱えて生活しなきゃいけない。それでも仕事しなきゃ生きていけない。
罪を犯すとはどういうことなのか、罪を犯した後、周りの人達はどうなるのか(被害者側も加害者側も)。
よく、罪を償ってやり直せる、と言いますよね。
加害者はそうでしょうね。
でも被害者は違う。生きてる限り、ふとしたところであの時の恐怖が蘇り、怖くて不安でどうしようもなくなる。犯した罪の償い方なんて本当は存在しない。

名無しさん
強盗は日本でも重罪です。殺人、強盗、強姦、誘拐などは罪が重たくなります。先日も数百円の万引きで、長い間、服役していた人がいました。たった50ドルかも知れないが、被害に遭った人は忘れない。
恐怖も付きまとう。記事が間違いである。被害者目線でない。
また来るかもしれないになる。

名無しさん
是非とも日本でも導入して欲しい制度
少年時の犯罪歴も含め、3回目には犯罪の内容関係なく厳罰を

名無しさん
これは犯人はナイフを持って強盗しているわけだし同情の余地はない。金額の大小でもない。仮にその時に100万ドル合ったら持って行っているはず。日本も三回目は終身刑でお願いします。

名無しさん
日本も三振法を導入してほしい。
特に性犯罪は最優先で頼みます。

名無しさん
凄い法律だと思うがこれがあれば犯罪を犯す奴は少なくなるし根っからの悪人が間違いなく減る。
日本にも終身刑が必要かも知らんが税金で犯罪者を死ぬまで生かすのも釈だなぁとも思う。

名無しさん
3回も犯行を重ねたり、仮釈放中にも犯罪行為をするというのは、もはや人格障害のような精神疾患だと思う。終身刑にする前に、医療的なアプローチで対処可能なら良かったのに。

名無しさん
日本にも導入して欲しい。再犯率高いしね。
でも囚人を養うには税金がかなり掛かるのでそこをどうやってクリアすればいいのか。
極刑にしてさっさと施行してくれればいいんだけど。

名無しさん
被害金額の問題ではないのでは?
刑期が長期間になるのが判っているのに
犯罪をくりかえす人間です。
次の犯行は強盗殺人になってかも
知れません。
再犯率の高い犯罪者に対しては
厳しい判決でいいと思います。

どうでも良いや
三振法とか量刑主義から遺脱した非常に良くないアイデア。
犯罪犯す側から考えてみ。3回目で何やらかそうが重い判決に成るなら自暴自棄になって無茶苦茶やる可能性を。それこそ無敵の人とかに繋がる所が有る。

名無しさん
性格や思考は中々変えられないから、再犯率が高いのはうなづける。法の縛りで更正を促すのもいいと思う。

sai
三振法、なんて素晴らしい法なんだ。
ぜひ日本にも導入を!もちろん、18歳以下の犯罪も含んでね。過去犯罪履歴のある奴が再犯する率が日本は高いような気がします

wheelerdealers
日本の場合、女子高生コンクリート事件の犯人など、当時の少年法の更正の理念とは真逆の結果を生んだ例を思いだして欲しい。
三振法のような制度は必要では無いだろうか?

名無しさん
これはこれで良かったのでは。
捕まってなかったら4度目5度目もあっただろうからな。

A
犯罪はエスカレートするからね。
予兆があれば、隔離すれば重大事件は防げるかもね。



PDF