【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、法務部長官候補に指名した側近のチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官(54)を同部長官に任命した。

 チョ氏を巡っては娘の進学に関する疑惑などが相次いで取り沙汰され、保守系最大野党の自由韓国党などが指名辞退や指名撤回を強く求めていた。今回の人事を巡っては保守・進歩(革新)陣営間の対立激化、青瓦台と検察の非難合戦なども引き起こした。

 文在寅政権は強大な権限を持つ検察の改革を重要課題と位置づけており、ソウル大法学部教授のチョ氏が改革をリードする人物となり得ることから、文大統領は指名を強行したとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000014-yonh-kr


PDF