【9月12日 AFP】カリブ海(Caribbean Sea)の島国バハマの防災当局は11日、ハリケーン「ドリアン(Dorian)」の直撃により約2500人が行方不明となっていると発表した。


 防災当局は記者会見で、不明者の一部はいずれ所在が確認される可能性があると説明。「政府の記録では現時点で約2500人」が行方不明となっているとした上で、「このリストは、避難所に滞在している人や避難した人の政府記録とまだ照合されていない」と述べた。

 ドリアンは、5段階中最も強いカテゴリー5の勢力でバハマ北部を直撃。これまでに少なくとも50人が死亡しており、当局は死者数が大幅に増えるとの予想を示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010000-afpbbnewsv-int


PDF