満員のファーストクラスラウンジ
 海外へ出かける時の空港での“憧れの場所”として、航空会社のラウンジを挙げる人も多い。ビジネスクラスやファーストクラス、航空会社の多頻度会員(各航空会社のマイレージプログラムにおける上級会員)のみが入室を許される空間がラウンジだ。


更にラウンジに入室資格を持っている人の中でも、ファーストクラス利用者および年間10万マイル(約16万キロ)近いフライトを飛んでいる最上位のダイヤモンド会員のみが利用できるのが「ファーストクラスラウンジ」だ。このラウンジに入りたいがために、ダイヤモンド会員を目指す強者やマイルを一生懸命貯めてファーストクラスの特典航空券を手配して入室する人がいるほどだ。

 ファーストクラスのラウンジでは、レストランのような食事メニューが揃っているほか、時間帯によっては、職人によるお寿司のサービスやシェフによる限定メニューが提供される。シャワールームはもちろん完備しているが、海外の航空会社になるとバスルームやスパ施設を用意しているラウンジまである。

 しかしながら近年、羽田空港や成田空港における国内航空会社のファーストクラスラウンジを利用する人が増えたことで、落ち着いた時間が過ごせず、お目当ての限定メニューが売り切れで食べられないといったクレームが寄せられていた。特にANAの「ANAスイートラウンジ(以下、スイートラウンジ)」では、混雑状況によっては、ファーストクラスラウンジなのに満席で入室を断られるケースも出ていたそうだ。

 ところが今年の春以降、混雑も緩和され、本来の静穏な空間を取り戻したという声が会員たちから聞かれるようになったという。いったいANAはどのような対策をとったのだろうか。

「ラウンジ利用券」をめぐって
 これまでの混雑の主たる原因の1つが、ANAマイレージクラブの最上級会員「ダイヤモンド会員」向けに配られているスイートラウンジの利用券の存在だ。

 ファーストクラス
利用者とダイヤモンドメンバー及び同行者1名は、無条件でANA便利用時に羽田空港および成田空港のスイートラウンジを利用できる。問題となったのは、このダイヤモンド会員向けに毎年春に配布される「ANA SUITE LOUNGEご利用券」がオークションサイトなどで転売されていたことにあった。

 そもそもANAのラウンジ利用券には、「どなたでもご利用いただけます」という記載がある。というのは、ダイヤモンド会員のほとんどが、会社の経営者や仕事で世界中を飛び回っているビジネスマンで、彼らが日頃出張の手配をしている秘書や仕事でお世話になっている人、出張の同行者、更には家族などへのプレゼントとして使うことをANAが想定しているからだ。

 そのため、オークションサイトなどで売買せず、友人や知人などに対して無償でプレゼントされた利用券を使ってスイートラウンジを利用することは今も何一つ問題ないのだ。このような理由からANAも「記名の必要がないものと考えていた」そうだ。

 だが、実際に利用券を使い切れないダイヤモンド会員も多く、その結果、一部で利用券の転売が常態化してしまったのだ。本来ならばラウンジ利用資格のない人が、転売されていたラウンジ利用券を落札し、スイートラウンジを利用するケースが増加したことで、混雑に繋がってしまったのである。

転売対策は…たったこれだけ⁉︎
 そこでANAは、ある対策を講じたことでこの混雑緩和に成功したのだ。その対策とは、「ANA SUITE LOUNGEご利用券」にお客様番号と氏名を印字したことだ。

 有効期間が2019年3月末までのラウンジ利用券には、お客様番号と氏名は印字されていなかった。そのため、売買しても売主を特定できない状況となっており、メルカリといったフリマサイトやヤフオクなどのオークションサイトで3000円~7000円程度の相場で売買されていた。

 一方、現在有効のラウンジ利用券にはお客様番号と氏名、さらに大きく「転売禁止」の文字が印字されている。また、券の裏を見てみると「本券の転売はできません。転売された券は無効になります。また、転売が発覚した場合は購入者を含め、ANAマイレージクラブ会員資格を取り消します」という注意事項も記載されている。

 ANA側は「ネット上にて転売されており、転売防止策として記名式、転売禁止の文字を明記した」と話しており、実際に転売防止の効果が出ているそうだ。一部、オークションサイトに出されているケースも未だ確認できるが、その数は以前と比べて激減している。

 それにしても、コンサートやライブ、スポーツイベントのチケット、ふるさと納税の返礼品で配布される商品券などは、今なお転売が常態化しており、また、対策も遅々として進まない状況にある。その中でなぜ、ANAのラウンジ利用券だけがいち早く転売防止に成功したのだろうか。

 どうやらその背景には、転売によって会員資格を剥奪されてしまうことだけは絶対に避けたい、というダイヤモンド会員の強い動機があるようだ。

ダイヤモンド会員までの険しい道のり
 この10年くらいで「ダイヤモンド修行僧」と呼ばれる人たちが急増していることをご存知だろうか。彼らは、スイートラウンジの利用を含むANAのダイヤモンド会員向けサービスを受けることを目的に、費用対ポイントの高い路線や運賃を研究し、できる限り少ない金額でダイヤモンド会員を目指している。

 ダイヤモンド会員は、1年毎の更新となることから、毎年、上級会員の基準となる「プレミアムポイント」を10万ポイント以上貯めなければならない。ダイヤモンド修行僧と呼ばれる人たちは、出張や旅行と異なり、ポイントを貯める為だけに飛行機に乗り続けるので、海外も含めて空港からは外に出ずに、搭乗してきた便の折り返し便に乗るケースも多い。このようにひたすら飛行機の機内で過ごすので、「修行」という言葉が用いられている。

 プレミアムポイントの計算方法としては、国内線は1マイル=2ポイント、アジア・オセアニア路線は1マイル=1.5ポイント、その他の国際線では1マイル=1ポイントとなっている。運賃によって積算率やボーナスポイントの付与の有無があり、例えば羽田~沖縄線を75%積算の早期購入型割引運賃「ANAスーパーバリュー」で利用した場合、68回(片道)利用する必要がある。

 また、羽田~ニューヨーク線をビジネスクラス(125%積算運賃の場合)で利用した場合でも12回(片道)、エコノミークラス(70%積算運賃の場合)では22回(片道)が必要であることから、いかにダイヤモンド会員が非常にハードルが高いかが見て取れる。

 ダイヤモンド修行僧は、毎年、年間100万円以上の航空券代を自腹で払ってダイヤモンド会員を維持する人も珍しくない。これほど苦労しているからこそ、ラウンジ利用券の転売が発覚してマイレージ会員の資格が剥奪されることは恐怖でしかないはずだ。

 いずれにせよ、ANAは転売防止に成功し、ラウンジの混雑解消、快適度向上につなげることができた。転売の恐れがある金券類をできる限り記名式にすることは、転売を防ぐ一定の抑止力になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00067202-gendaibiz-bus_all&p=2


PDF