【モスクワ時事】タス通信によると、ロシア連邦保安局(FSB)は17日、日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)で密漁を行っていた北朝鮮漁船2隻を拿捕(だほ)したと明らかにした。

 うち1隻は臨検に当たったロシア国境警備当局に攻撃を加え、ロシア当局者3人が負傷した。

 FSBによると、北朝鮮漁船2隻とモーターボート11隻が密漁を行っていた。一方の漁船には21人、もう片方には45人の船員が乗っており、極東ナホトカの港に連行された。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000163-jij-int


PDF