【9月20日 AFP】フランス北部リール(Lille)郊外で18日夜、野良ネコのように建物の屋根の上をうろつくクロヒョウが見つかり、建物内部の隅に追い込んで捕獲したと、地元当局が明らかにした。


 地方消防局はツイッター(Twitter)で、「危険動物がいるとの通報を受けて出動した」と発表。合わせて投稿された写真には、クロヒョウが赤れんがの建物の最上階の窓から中をじっと見つめたり、市街を眺めたりしている様子が写っている。

 地元紙によると、クロヒョウは個人のアパートから逃げ出したとされる。警察はまず、建物の周囲に急いで非常線を張った。すみかとみられるアパートの窓からクロヒョウが内部に入った際、獣医師が呼ばれ、クロヒョウを麻酔銃で撃ったという。

 生後5~6か月とみられているこのクロヒョウの飼い主は、野生動物の違法飼育で罪に問われるのを恐れ、同じ窓から逃走したとみられている。クロヒョウはおりに入れられ、動物保護団体の元に移送された。

 フランス警察は、大型のヘビや子ライオンといった野生動物を、個人宅で発見することが少なくない。

 映像は捕獲後のクロヒョウと建物の屋根にいた時のクロヒョウの写真、18日撮影・提供。(c)AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00010004-afpbbnewsv-int


PDF