山村浩海上幕僚長は24日の定例記者会見で、10月14日に相模湾で実施する海上自衛隊の観艦式に韓国軍の艦艇を招待していないことを明らかにした。

 日韓関係の悪化は防衛交流にも波及しており、歯止めがかからない状態だ。山村氏は観艦式に中国軍の艦艇が初めて参加することも発表した。

 山村氏は今回の判断について「観艦式に韓国艦艇を招待する環境は十分に整っていない」と述べた。韓国は昨年10月、済州島で行った国際観艦式で海自護衛艦の旭日旗掲揚の自粛を求め、海自は参加を見送った。同12月には韓国艦艇が海自機に火器管制レーダーを照射し、日本政府が抗議したが、韓国軍は事実関係を認めていない。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000134-jij-pol



PDF