駅のホームで歩きスマホをしている女性を狙い、「注意を促すため」として体当たりを繰り返したとみられる男が、警視庁に逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは会社員の記内良之容疑者(49)で、今年6月、東京メトロ千代田線二重橋前駅のホームで、歩きスマホをしていた女性(34)に体当たりし、全治3週間の大けがをさせた疑いが持たれています。

 記内容疑者は容疑を認め、「2年前、歩きスマホをしている別の女性にぶつかり、階段から落ちた」「注意を促すために3日に1回は体当たりした」と供述しているということです。

 二重橋前駅のホームでは今年6月以降、同様の事件が4件相次いでいて、警視庁は関連を調べています。(26日18:17)

TBS系(JNN)


PDF