【9月28日 AFP】ナイジェリア北部カドゥナ(Kaduna)市の警察は27日、イスラム教の寄宿学校から男子学生300人以上を救出したと発表した。このうちの多くが、拷問や性的虐待を受けていたという。

 警察によると、前日26日に同市内にある建物を捜索。そこでは成人男性や未成年の少年らが「コーラン(イスラム教の聖典)について教え、矯正するという名目で、最も劣悪かつ非人間的な環境」に置かれていたという。

 また、「われわれは鎖につながれ、小さな部屋に押し込まれた学生約100人を発見した。中には9歳という幼い子もいた。何もかも、学生らを矯正し、責任ある人間にするという名目で行われていた」と述べた。

 捜索の最中に、学校の経営者と職員6人が逮捕された。警察は、救出された学生の多くが重傷を負っていたとしている。

 警察の話では、「被害者らは虐待を受けていた。中には、教師らから性的暴行を受けたと話している学生もいる」という。

 捜索により、学生らが鎖につながれ、つるされたり殴打されたりしていた「拷問部屋」も見つかった。

 警察は、学内の様子に疑惑の目を向けた地元住民から通報を受けていた。学生の親らは3か月ごとに面会が許されていたものの、子どもに会える場所は構内の一部に限定されていたという。

引用元

AFPBB News

PDF