日本が優勝候補のアイルランドに勝つジャイアントキリング(大番狂わせ)を見せ、開幕2連勝とした。試合終盤、日本がリードして相手陣内深くでプレー。後半40分が経過した後にアイルランドがタッチへ蹴り出し、試合が終了したが、観戦していて「なんで蹴っちゃったの?」と疑問に思った人もいただろう。

 ラグビーの場合、試合時間がすべて経過した後も“ペナルティー以外でゲームが切れるまで”試合は継続する。日本はSH田中を中心にうまく時間をつかい、ギリギリまでボールを保持したが、わずかのところで相手ボールとしてしまった。万が一、ここからプレーが切れずにトライとコンバージョンのゴールを奪われると同点に追いつかれる可能性も残されていた。

 しかし、アイルランドはタッチへ蹴り出すことを選択した。これにより負けが確定してしまうが、これには1次リーグの勝ち点ルールが影響している。

 40分が経過した時点で、アイルランドが得られるベストな結果が引き分け。この場合、勝ち点2を日本と分け合う。7点差の負けで終われば、勝ち点1を得られるルールがある。一方、プレーを継続させて、もしも日本に何か得点を加えられた場合はアイルランドの勝ち点は0になる。

 アイルランドのシュミットHC(ヘッドコーチ)は、ボーナスポイントが重要だったとする旨の発言をしていることから、リスクを避け、勝ち点1を得ることを選んだようだ。

引用元

デイリースポーツ


PDF