【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は27日までに、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮が東部新浦の造船所で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験の準備を進めている可能性が高いとの分析結果を公表した。

 8月26日と9月23日の衛星写真によると、岸壁に長さ10.35メートル、直径1.75メートルの円筒形の容器を運搬する車両が停車。容器は射程千キロ以上とされるSLBM「北極星」が収容できる大きさであることから発射管とみられ、模擬弾を使い発射できるかどうかを試すための実験準備を進めているとの見方を示した。

引用元

共同通信


PDF