ラグビーのW杯で28日、日本が世界ランキング2位で優勝候補のアイルランドを19-12で破る番狂わせを演じた。その衝撃ニュースは世界を駆け巡り、海外メディアは、次々と速報で報じた。

 アイルランドの地元、アイリッシュ・タイムズ紙は、「日本の成長を続ける若者たちがアイルランドの面目を失わせた」との見出しを取り「ホスト国(の日本)が静岡で驚きの勝利を引き出し、ジョー・シュミット(ヘッドコーチ)の選手たちをよろめかせた」と報じた。
 「日本のラグビーにとって意義のある日となり、広く見れば2019年ラグビーW杯にとっても意義のあるの日となった。一方アイルランドにとっては深く落胆しダメージを受ける敗戦となった」と伝えた。

 記事は、同組を1位で抜けなければ、ベスト8でニュージーランドと対戦する可能性が高くなることについて触れ、「現状でブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)はA組を広くこじ開け、アイルランドは(日本戦で)価値のあるボーナスポイント(7点差以内敗戦の1ポイント)を獲得したが、このグループを勝ち抜き準々決勝でオールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)との対戦を避けるには、スコットランドが日本に勝利し、さらに日本が残り試合でボーナスポイントを取り損なうことが必要となった。現在、このグループは3つ巴となっている。アイルランドはロシア、サモア相手の残り試合でうまく10ポイントを得る必要がある」と混戦模様のA組の様相を記した。

 その上で「日本を評価しよう。4万7813人の観客の大半からの大歓声を受け、彼らは、試合が経過するごとに力強さ、野心、技術を成長させている。(アイルランドとの戦いぶりは)勝者に値するものだった」と、日本の勝利を讃えた。

 英国の高級紙のガーディアン紙は「日本が、また1つラグビー・ワールドカップでの素晴らしい番狂わせを引き出しアイルランドを仰天させた」との見出しで日本の金星を伝えた。

「日本が、またやってのけた。今回は2週間前には世界ナンバー1にランクされたチーム(アイルランド)に対してだった。ワールドカップのホスト国(の日本)がペースをつかみ、技術と、時間が過ぎてもかすむことのない熱気あるプレーを見せて9点差をひっくり返して勝利を収めた」と絶賛した。

 さらに「試合終了の笛が鳴ると、近くにそびえる富士山が揺らぐことになるそうな轟音がとどろいた。オフロードパスをつなぎ、タックルをかいくぐり、必死さを強めて陣地深くから世界のラグビーで最も強固な守備の1つを破り、彼らはまるで赤と白のジャージを着こんだオールブラックスのようだった」と称賛の嵐。

「日本は4年前のワールドカップにおいてブライトンで南アフリカを破ってラグビー界を驚かせた。彼らは、このままいくとベスト8で、またスプリングボクス(南アフリカ代表の愛称)と対戦する可能性が高いが、今回(の勝利)は(4年前とは)違うものだった。1995年、2007年の優勝チーム(の南アフリカ)は、当時、下り坂にあり、慢心ある独りよがりのチームだった。対してアイルランドは、この試合をむだに費やすことはしなかった。彼らは、キックオフから2つのトライを決め、最初の20分で試合をコントロールした。だが、ホスト国の大会でキャプテンを務めるマイケル・リーチがベンチから投入されるや否や状況は変わった」と、前半30分に投入されたリーチ・マイケルの活躍がポイントだったと指摘した。

 記事は、「リーチがフィールドに立ち、まるで地震のような瞬間をもたらした数分間、日本はアイルランドに対し彼らのボールをスクラムで押し込み、ペナルティーを勝ち取り、観衆の勝利の願いを確信へと変えた」とし、「問題は、日本が最後までこのペースと技術を維持できるかだった。しかし、その答えは大きな声でイエスと言えるものだった。限界まで戦い、死にものぐるいの守備となったときでもくじけなかったアイルランドは立派だった。地元チーム(日本)のプレーのいくつかは鳥肌が立つほどとても独創的で技術的に素晴らしく、この2チーム(の実力)を分けるものはなかった」と日本の戦いぶりを称えた。

英国のBBCは「日本の衝撃の勝利は『ラグビー・ワールドカップの熱狂に火をつけるだろう』」との見出しを取って「ラグビー・ワールドカップを盛り上げることに火をつける効果が期待された日本は、アイルランドへの『地震のような』(衝撃的な)勝利で称賛を浴びた」と伝え、記事の中で複数のラグビー関係者の声を紹介した。

 元オーストラリア代表で、現在は、日本のサントリー・サンゴリアスでプレーするマット・ギタウ氏は、「この勝利は、とても重要なもの」と語り、元アイルランド代表のウィングだったシェーン・ホーガン氏は「決してまぐれではない。この大会では、第2グループの国が第1グループを破ることが必要で、これはまぐれではない。日本の勝利は、完全な勝利でありアイルランドを上回った」とコメントした。

 元アイルランド代表のデニス・ヒッキー氏は、「ラグビーがトップスポーツに及んでいなかった国にとって。とても完璧なタイミング(での勝利)だった」とコメント。7人制ラグビーで、フィジーを指揮して五輪で金メダルを獲得したベン・ライアン氏は、「『地震のような』勝利。試合に向けての日本のアプローチが素晴らしかった。これは日本からの教材だ。正確なタックルをどのようにするかを子供たちが見たければ、この日本チームを見るべき」と、日本の技術を絶賛するコメントを残している。

 日本がどこまで快進撃を続けるのか。今後の戦いも海外メディアは続けてフォローしていきそうだ。

引用元

THE PAGE

みんなの意見

名無しさん 前回のW杯では、南アフリカに勝って番狂わせを演じたが、結局は予選敗退になってしまったが、その時の敗戦相手のスコットランドとの因縁の大一番が最後に残っている。
日本代表にとっては、ランキングは近いスコットランドだが、過去どうしても勝てない。今回も、日本が大勝利を収めたことで、スコットランドは必死で日本代表にチャレンジすることになるので、かなり難しい試合になると思うが、再び最高のラグビーを見せてほしい。頑張ってほしい。 goal_1027 2トライを奪われたとは言え、強豪を20点以内に抑えた守備が素晴らしい!今までも目安としていただろうけど、実現出来るレベルにまで押し上げたチーム関係者の勝利でもある。攻撃ばかりに注目を集め易いけど、これだけ守備の貢献を理解してもらえるような試合は今までなかった。 名無しさん ジャパンは勝点9、アイルランドは6。アイルランドの残りは、サモアとロシア戦で勝点5確保で、16まで伸ばすのは間違いない。
ジャパンは、サモアとスコットランド戦に勝利すれば、勝点17で問題ないが、アイルランド戦でノートライに抑えられたスコットランドが、汚名挽回してくるのは間違いない。キックを多用してくるかもしれない。
なんとか1位通過して、スプリングボックスとの準々決勝を見たい。先日の大敗とは違った結果も期待したい。 名無しさん 本当に日本のタックルは素晴らしかった。
低く腰に入り、上半身を抑える。きっちり2人でタックルに入り、相手の勢いを殺していた。
フォワードも体力で上回り、最後までサボることなくポイントに駆け寄り、穴を塞いでいた。
上記は中学、高校ラグビーでよく指導をうける事ですが、守備はスタミナの消費がすごいので、格上相手にそれを1試合通じて徹底できるチームはあまりいません。色んな試合で、よく後半に点差が開き出すのも、このスタミナ消費の要因も大きく、今回のようにアイルランド相手に後半で試合をひっくり返すなんて、凄すぎます。
守備でプレッシャーを与え続けることで勝利に導く。ぜひ改めて子供たちに伝え、指導していきたいと思えた試合でした。
永久保存版の試合です。 ariko アイルランドに勝利しただけでも、歴史的な偉業なのに、
インタビューで選手は次の目標に向かっていて、心強かった。
試合で印象に残ったのは、リーチ主将の見事なタックル、ボールを
持っての前進、要所要所で一生懸命声を掛けていた姿、最後まで
真剣な鋭い顔は緩まなかった、次の試合も期待しています。 ゾイ 仕事で観れなかったが、結果を知って二度驚いた。
勝ったことに驚き、更に失点の少なさに驚いた。
攻撃力は目立ち称賛されるが、この試合の本当の価値は守備力だと思う。 名無しさん W杯へのマッチメイキングも素晴らしいと思う。連勝の後、南ア戦の完敗で緩むことなく、W杯を迎えた。
初戦は緊張も半端なかったと思うが、グループ内で一番ランキングの低いロシア、内容はともかくボーナスポイント含め勝ち点5、最高のスタートだったと思う。
第2戦は緊張も解け、優勝候補のアイルランドだから、完全にチャレンジャーモードで戦い、勝った!
このあと、サモアとスコットランドとの戦いは、相手も決勝Tの可能性を残しているから、厳しい試合になると思うが、開催国の利を活かしてリカバリーに努め、2戦を戦えば決勝Tも可能性十分だと思う。
怖いのは、慢心。前回のことがあるから、安心する選手はいないと思うが、アイルランドに勝ったということでの安心感が少なからずあると思う。それでも、時間もあるので、メンタルもサモア戦に備えてくれるだろう。
。 名無しさん ラグビーは詳しくないが、やっぱりどんなスポーツでも日本が勝利を獲るのは嬉しい️
それも格上のチームに勝利を獲るのは格別️
ラグビー日本代表チームの選手の皆さんおめでとうございます️前大会に続きジャイアントキリング達成️素晴らしいです️
静岡の地で日本の地で最高です️
まだまだゲームは続きます。頑張れ️ラグビー日本代表チーム️ 名無しさん いやぁ、正直驚いた。
長くラグビーを観てきたが、番狂わせの少ないこの競技においてまさに昨日は史上最大級だと思う。
北半球のチームが暑さや湿度に弱いという事情を差し引いても同条件で戦う以上、言い訳はできないし、彼らの誇りがそんな事を言わせないだろう。昨夜は誰が観ても日本チームが上だったと思う。
こんなに早く日本代表がティア1のチームに近づいているとは・・・
まだサモア、スコットランドと強敵との対戦でベスト8を目指さなければならないが、可能性は非常に高くなったのではないかな。
アイルランドには勝てず、スコットランドとの2位争いで一発勝負に賭けるというのが多くのファンの予想だったと思うが、これで次のサモア戦が非常に重要になった。勝ち点5を取ればスコットランド戦が非常に楽になるだろう。勝ち点を取れば何とかなると思うから・・・・
それでもスコットランド戦は勝てる確率はまだ小さいと言わざるを得ない。 名無しさん 今大会の行方は楽しみだが、最後の整列挨拶までリーチが皆をリードしてる姿を見てると、リーチがいなくなった後の日本ラグビーの行方が心配になってしまう。 名無しさん まだ緊張が必要な状況に変わりはない。サモアも十分な強敵だ。
ありがたいのは、試合間隔があることと負傷者が少ないことだろう。
アイルランド戦はFWの安定が勝因だったが、サモアの奔放なラグビーは今までも苦戦している。対戦成績も良くない。しかもボーナスポイントも必要になる。BKで4トライが取れるか?
さあ、正念場だ。 kiriri 前回は南ア戦を含め3勝、そして今回の勝利。
もう番狂わせでも、金星でもない。
必然なのでは...そんな素晴らしいゲームをしている。 名無しさん すごいなぁ
ほんとにすごい!
日本のスポーツのレベルアップが色んな競技で世界的なニュースになるなんてすごいことです。
試合を最後まで集中してたところがすごい。
特に日本は体格で勝負するスポーツは苦手だと思っていたけど今では体格だけではない気迫と集中力と団結力で撃破するシーンが多く見られるようになりましたね。
素晴らしいことです。
15人は日本の誇りです。 名無しさん 前回の南アフリカ撃破は、大番狂わせだったり奇跡だと思う。
あの当時の日本代表の実力では到底勝てない相手。それに勝ったのだから大金星だと思うが、今回のアイルランド戦は、勝てるべきして勝ったという感じかな。
相撲で例えるなら、前回は十両いや幕下の力士が横綱に勝った、今回は関脇とか大関が横綱に勝った位だろうな。その位今の日本代表の実力は上がって居ると思う。
昨日の試合では、スタミナ・スピード・メンダル・統制力全てに於いて日本の圧勝。2トライも崩されて取られた訳でもなく反則からのキックパスでのトライ。逆に日本のトライは完全にアイルランドを崩してのトライだし、ピンチになっても反則せずに耐え忍んで失点を防いだ。
後半は完全に日本がゲームを支配し、アイルランドはスタミナ切れチーム崩壊し、組織的に攻めれなかった。日本のフィジカル・スピードついて行けず力負けかな。
本当に日本はリトルブラックスだった。 名無しさん 決して奇跡だけで南アフリカに勝てたとは思わないが、アイルランドまで制するとは正直予想外だった。どこまで善戦してくれるか、最初にトライを立て続けにとられて不安が強くなった。ただ、圧倒されていない、むしろ相手が窮屈そうにプレーしている感じがして、ファウルも多かったのですぐに勝ち目もあるかもしれないと思い直した。しかし、これからが本当の勝負。今後相手国は本気でぶつかってくるし、これまでにないタフな試合になるだろう。ここまで来たら、ベスト8も夢でないし、優勝を目指して頑張ってもらいたいが、たとえそれが叶わないとしても善戦してほしい。勝負の世界、どちらかが必ず負けるわけだから負けたとしても、相手が日本ってマジ強いなって思わせるくらいに食い下がってほしい。 名無しさん 次のサモア戦が大事。ここは勝ちを見込んでいるはず。リーチマイケル選手をはじめ、他の選手も口々に浮かれる事なく、直ぐに準備に入っている。あくまで私的な考えですが、スコットランドとはなんとなく相性が悪い。負けて良い訳では無いですが、是非、勝って1位通過して頂きたい。まだまだ世界を驚かせて欲しい。応援していますよ。 名無しさん 南アフリカを撃破した試合もみたし、日本が強くなってると実感したにも関わらず。
今回はどのくらいの点差で食い付けるのかなと、頭の中では惜敗するんだと考えてた。
なのになのに勝ってしまうなんて。。。
日本の弱小時代を知ってる年代として、ホント信じられないんだけど。
感動しました。南アフリカを撃破した時と同じように。
残りの試合も全力で頑張ってほしい。 名無しさん 準備をしてきた。選手達は自信があったと、信じて闘い力を発揮した。仲間を信じて次を見ている。日程、疲労、怪我、未知の世界。相手も研究、対策対応してくる。準備し先に進んで行く為に、自国開催の利、背中を押す応援の声援の力が選手達のエネルギーに確実になりますよね。 名無しさん 事をなすに一丸となってメンバーを信頼し、各メンバーも持てる力を最大限出し切る決意のなせる業だと思った試合内容でした。最大限の称賛と栄誉を受けるに当然の素晴らしいの一言に尽きます。年甲斐もなく思わず立って拍手の嵐を送っていました。思いは届くといいますからベスト4も当然勝ち進んで優勝争いを完璧に演じ切って欲しいですね。。結果は当然着いてくるでしょう。試合運びや押しの強さをみて実感です。最大限の応援をしていますから。 名無しさん まだ日本と因縁のあるスコットランド戦が残っているし、南太平洋の強国サモア戦もある。前回は3勝しながら決勝Tに行けなかったこともある。
日本はもう気持ちを切り替えて次戦に目を向けてると思うが、気を抜かずに戦って欲しい。愚直に前へ、速くしつこい攻撃で、頑張れニッポン。 名無しさん 「マイケルリーチの投入がポイント」というのがさすが英国のメディアだなぁと思う。アタックでもディフェンスでもゲインラインを越えて押し込む場面が後半は目立っていました。ワクワクしました(^^)
日本チームの顔に生気がみなぎっているのに比べ、アイルランドの選手の表情が辛そうだった。2015年の南アフリカの選手もそうだった。日程のアドバンテージは有ると思いますが、チームワークも大きな要素であると、日本の試合を見ていると感じます。
スコットランドはランキングやアイルランド戦の敗戦とは関係なく、日本にとっては強敵であり、目標のチームだと思います。全てを出しきる良い試合に成ることを願います 名無しさん ジャパンのこのW杯仕様のジャージ、前から見るとどっしり重く大きく感じ、後ろから見ると遠く去っていくように感じる。前後でストライプの図柄が違っていて最初は違和感があったがよくよく見聞きすると、いろんな工夫がされてい、ディティールのこだわった、という発言の一端を感じることができる。 名無しさん 色々言う人が居るけど、生まれた国は違うが、桜ジャージ着て、君が代歌って、日本の為に闘ってくれる選手に感謝しかない。
リーチも母国では代表になれたか分からないけど、日本代表で南ア、アイルランドを破ったのは、個人的にも誇りになると思うよ。 名無しさん オールブラックスはまだ言い過ぎだと思う。
しかし、昨日の試合はもはや奇跡ではなく必然だと思う。
前半もそうだが、特筆すべきは後半の試合内容だ。
あの世界ランキング2位のアイルランドを完封したのだから。
ゲームメイクも素晴しかった。
こうなると次のサモア戦が本当に重要になる。
決勝リーグ進出はまだ決まっていない。
もう一度「ONETEAM」で頑張って欲しい。
日本国民全員が貴方方を応援している。
出来れば決勝リーグではNZと対戦して欲しい。 名無しさん 正直、今回のアイルランドは油断もなく、完膚なきまでやられるかと思いました。接戦になればと思いましたが、まさかの食い下がり。
日本代表がここまで強化されているとはもう驚きです。確かに外国人の選手は多いけど、身も心はみんなジャパンです。
なかには、外国人とか日本語ができないとか、いろいろ批判する人もいますけど、彼らだって祖国の代表を振り切って今は日本の代表選手。
何をどう言おうとジャパンがまた大きく一歩を踏み出したことは間違いないですよね。結果も大事だけど、一戦一戦、いいゲームを期待します。最近にはなかった、清々しさを感じさせられます。これはラグビーだからですかね、素晴らしいぞ、ジャパン。 名無しさん 日本、本当に凄かったです。
アイルランドの大きな選手が向かってくるのを皆で全力で止める姿が印象に残りました。
まだ試合を見られると思うと、とてもワクワクしています。
怪我にはくれぐれも気をつけて頑張って下さい。 名無しさん Wスコアーで無ければ良いなと思ってみていたが、すごいジャイアントキリングだった。日本は今までのテストマッチでは想像できないくらい力がついていたのだろう、ベスト8現実になりそう。色々な選手のインタビューが有ったができれば韓国人選手にもスポットを当ててほしかった、こんな時期に日本代表となり日の丸をつけて頑張ってくれている彼に。 名無しさん リーチや田村がゲーム後のインタビューで答えていた内容で、アイルランド戦勝利の喜びは当日のみ。翌日からは次戦対サモアへ向けての対策トレーニングに集中することになるのだろう。目標は決勝トーナメント進出で、そこへのチーム全体の意識は揺るぎない。
サモア戦、スコットランド戦がアイルランド戦と同じモチベーションで挑むことができれば、プールAの1位抜けの可能性は高い。 nan 嬉しいですね。
JAPANも今回の勝利で大きな自信になったと思う。
スコットランドもサモアも簡単には勝てない相手ではあるが、プール全勝も現実的になってきた。
ここに来て慢心はしないと思うが、自信と誇りを持って全力で戦って欲しい。
自分も全力で応援します。 名無しさん ここで終り決勝Tに進めなければ何の意味もなさない。
あくまでW杯優勝が目標!何も夢物語と思う必要も無い。
そう思う事自体が何も脱皮出来ない負け犬根性丸出しの日本の悪習そのままだ!
それもこれも日本国籍を取得し日本代表を選んでくれた上に必死に戦ってくれた外国の選手に感謝しないとね?
ここまでのW杯戦績は、出続けても僅か4勝のみ!
それがもう今回負けなしで、もう一つの山であるスコットランド戦まで勝利すれば4勝を一つの開催で達成した事になる!
この20年間は何だったのか?隔世の感がある。
純粋主義を貫く協会や日本社会の頑な固い慣習をも溶かし、ラグビーに国境や人種はなく、好きな者が集まり勝利の美酒に酔えればそれが真のラガーマンだと平尾が20年前にこう提唱し働き掛けた種が亡き後やっと見事に開花した!誰が今のこの状況を予想した事だろう。
彼が生きていれば、スタンドでこの上ない笑顔を見れた事だろう!


PDF