外国人と話すときは外国語を使う、というのが日本人の常識だろう。が、日本でも外国語を使うべきなのか。日本に来る外国人(インバウンド)は日本に興味があって来ているわけだし、全員が日本人にとって代表的な外国語=英語を話すとは限らない。『「やさしい日本語」で観光客を迎えよう インバウンドの新しい風』を書いた東海大学の加藤好崇教授に、外国人と日本語で話すコツを聞いた。

■防災・減災の観点から生まれた日本語

 ──「やさしい日本語」というカテゴリーがあるんですね。

 もともと阪神・淡路大震災をきっかけに、日本語の得意ではない外国人に情報を伝える、防災・減災の観点から生まれました。また、在留外国人と日本人の多文化共生のツールとする考えもあります。

 ──それを観光でも使おうと。

 東日本大震災でインバウンドがいなくなったとき、この機にツーリストトーク、つまりインバウンドへの言葉遣いの問題点を洗い出して、平常化に備えようと思いました。日本各地の観光現場を回ると、「外国のお客さんに日本語を使ってもらうと申し訳なく思う」という話をほうぼうで聞く。

 「申し訳ない?」と違和感を持つのに多少時間を要し、私自身も「外国人とは英語」というステレオタイプを持っていたことに気づきました。で、思ったんです。「ツーリストトークに日本語が使えるな」と。その後「やさしい日本語ツーリズム研究会」に出合い、日本語の可能性を顕在化させたいと考えました。

 ──すごい発想の転換です。

 国際交流基金の調べでは、2015年時点で世界の日本語学習者は約365万人。さらに、香港の抗議運動のリーダー、周庭さんのようにネットなどで学んでいる人もいる。学習者数の国別順位とインバウンドの国別順位はだいたい重なるので、インバウンドには日本語学習経験者がそれなりにいるはずです。経験上、旅行グループに1人は日本語を話せる人がいる感じ。また、2018年末時点で約273万人の在留外国人がいて、中には旅行する人もいるでしょう。

──どんな日本語になりますか。

 東京外国語大学荒川洋平教授は、話すコツを「ハ・サ・ミ」にまとめています。はっきり、さいごまで、みじかい文で、を表します。当然、日本語学習初級者が習うような単語、文法を使います。ただ、観光における「やさしい日本語」に絶対はないので、外国語が交じってもいいし、最初と最後は日本語で、くらいでもいい。重要なのはコミュニケーションの点火。

 インバウンドに関する世界規模の調査では、日本はインバウンドが「利益になった」「迷惑になった」ともに比率が低い。興味がないんです。コミュニケーションがすべての始まりなので、「やさしい日本語」で点火してほしいのです。

■外国人にとって「言語のお土産」になる

 ──日本語使用のメリットは? 

 メリットは日本人、インバウンドの双方にありますが、日本人のほうが大きいと思います。

 まず、心理的な壁が低くなります。日本語で話しかければいいのですから。先日伺った徳島・奥祖谷(おくいや)のそば打ち体験工房には20~30人の外国人団体客が来ることもありますが、講師役の女性は基本的に日本語で対応します。「ご当地弁で自分の思いをしゃべるのがいちばん通じると思う」というのが理由です。

 人間関係も変化します。客と店は通常上下の関係ですが、難しい言葉を取り去って身ぶり手ぶりも加えるとフレンドリーな雰囲気になる。もっとも、観光はサービス業なので「敬語を使いたい」という声は聞きます。それなら、例えば「何を召し上がりますか」の後に「何を食べますか」と言えば、相手は2つが同じ意味とわかり、勉強にもなります。

 ──外国人には何がプラスに? 

 言語のお土産。京都のタクシー運転手の話では降車の際に「おおきに」と言う外国人観光客が多いそうです。外国人にとっては日本に行って日本語を覚えた、日本人と日本語でコミュニケーションしたということがお土産になるんです。気づきにくいですが、立場を変えればわかるでしょう。外国語を学んで彼の地に行けば、使いたくなるのが人情です。コミュニケーションなしでスマホ見ながらの旅行が楽しいでしょうか。

教え子の留学生が、帰国前に一人旅に出て日本語を使おうと思ったけれど、宿の女将(おかみ)が英語ペラペラ、日本語であいさつしているのに英語で返されて最後まで英語、という残念な例もあります。

 ──とにかく日本語で話す。

 3ターン、つまり①自分の発話、②相手、③自分、の③までは相手が何語で返してきても日本語を使いましょう。次の返事が日本語でなければ日本語はやめて、日本語なら可能な限り日本語を交えて会話を続ける。四国で試したら9割は日本語が返ってきました。新宿のゴールデン街に研究でよく行きますが(笑)、飲みながらだと日本語、英語ちゃんぽんになります。意外と日本語は通じます。

■多文化共生の「訓練」になる

 ──会話以外の工夫も必要。

 事前、事後の調整ですね。例えば、手書きでもいいので英語の飲食メニューがあれば、注文を含めたコミュニケーションは何も手がかりがないときに比べて円滑になるでしょう。これは事前調整です。

 ──インバウンドは増えていますが、歓迎ばかりでもない。

 来なくて結構、という空気の強い観光地も確かにある。面倒なうえにどうせ一過性だから、日本のお客を大切にすればいい、と。一理あるし、理由があるだけいい。そもそも、外国人というだけでコミュニケーションを拒否する人も多いですね。わからないでもありません、異文化コミュニケーションにはエネルギーが必要ですから。私の大学の留学生も日本人の友達ゼロなんていっぱいいます。私もいろいろと機会をつくるんですが、留学生と日本人が友達になるのは3割弱くらいです。

 ──異文化コミュニケーションは観光で終わりではないのに。

 観光は楽しい場面なのでコミュニケーションが取りやすい。今後は在留外国人も増えるでしょうから、「やさしい日本語」でお迎えするのは多文化共生の訓練です。

 京都でよく行く小料理屋の70代ぐらいの大将は、外国人が入店しようとすると両腕でバツ印。「日本語で話せばいいんだよ」と言ったら、「やってみるか」って。次に行ったときに首尾を聞くのが楽しみです(笑)。

引用元

東洋経済オンライン


PDF