次は野球だ。ラグビー、バレーボールのワールドカップが日本国内で、そして世界陸上もカタール・ドーハで開催されている中、日の丸を背負うアスリートたちの活躍に酔いしれている人は多いだろう。11月3日からは2020年東京五輪の予選を兼ねる野球の国際大会「第2回プレミア12」(主催・WBSC=世界野球ソフトボール連盟)も行われる。

 すでに開催国として東京五輪出場権を得ている日本代表・侍ジャパン(WBSC世界ランキング1位)も参加し、10月1日にメンバーが発表される予定だ。同月22日から宮崎、28日からは沖縄で強化合宿に臨み、カナダ(世界10位)との強化試合2連戦(31日、11月1日・沖縄セルラースタジアム那覇)で本番前の総仕上げを行うことも発表済み。3大会ぶりに野球が種目として復活する五輪のホスト国だけに、このプレ大会で侍ジャパンは是が非でも負けるわけにはいかない。

 その一方、お隣の国も同大会での結果を至上命題として追い求めている。韓国(世界3位)だ。4年前に行われた第1回大会のディフェンディングチャンピオン。V2を大目標としているのは言うまでもないが、まず最低でもクリアすべきハードルとして東京五輪の出場権を得ることは絶対条件。そのために同大会でアジア/オセアニア大陸枠での残り1枠をかけ、チャイニーズタイペイ(世界4位)、オーストラリア(世界7位)よりも上位になる必要があり、参加国全体の中でも6位以上にならねばならない。

 キューバ(世界5位)、オーストラリア、カナダと同組になったグループCのオープニングラウンド突破に韓国国内からは楽観論も聞こえている。ただ韓国代表のトップチームは直近の大会の第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)で同国として初の予選敗退を喫した屈辱を味わっているだけに油断はできない。そうした背景もあり、韓国代表側は総力を結集して同大会に臨む腹積もりだ。

反日がらみで“政治介入”

 ちなみに次のプレミア12で韓国代表が理想として掲げるシナリオはV2での東京五輪の出場権獲得を果たし、さらには「日本潰し」も同時に成し遂げることだという。強力に後押ししているのは韓国政府、つまり文在寅政権だ。

 過去最悪の状況となっている日韓関係にも韓国・文大統領はどこ吹く風とばかり、反日政策に対して手を緩める様子は今も見られない。その一連の流れとして文政権は今年のプレミアに臨む野球の韓国代表にも実は密かに反日がらみで“政治介入”しているという情報がNPB(日本野球機構)やKBO(韓国野球委員会)の内部でも飛び交っている。

 その情報を整理すると、文政権側は今年のプレミア12で韓国代表が大会連覇で東京五輪出場権を得た上に日本攻略も果たした場合、多額の報奨金を用意する方針を固め、義務のある代表メンバーの兵役免除までも考慮する可能性があるという。

 同大会オープニングラウンドで韓国はグループC、日本はグループBに分かれており、互いに上位2チームになればスーパーラウンドに進出して両国の対戦が実現する。スーパーラウンドの開催地は日本。相手のホームグラウンドで侍ジャパンを打ち砕いて日本中を落胆させ、対照的に反日ムード一色の自国民を大いに喜ばせれば、国全体の高揚につながると踏んでいるようだ。支持率が急落していることが大きく関係

 ここまで文政権が躍起になる理由はここ最近、国内での支持率が急落していることも大きく関係している。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定で米国を激怒させ、融和姿勢を貫いていたはずの北朝鮮からもそれをあざ笑うかのようにミサイル発射などで挑発されっ放し。

 文大統領自ら任命したチョ・グク法相も親族の疑惑を巡り、メスを入れるつもりだった検察側から捜査を着々と進められ“猛反撃”を食らって政権全体が窮地に立たされている。

 そこで苦肉の策として韓国政府側が導き出したのが、東京五輪出場権がかかっている上に日本とも対戦の可能性がある今秋のプレミア12。文大統領には、ここのところ下火になっている反日政策を野球韓国代表の快進撃によって何とか煽ることで、自らのマイナス材料の目くらましにしたいという魂胆も見え隠れする。 

 4年前の前回大会準決勝・日本戦で韓国代表は3点を追う9回に土壇場で4点を入れて引っ繰り返し、世紀の大逆転勝利を飾った。敵地の東京ドームで侍ジャパンにこれ以上ない恥辱を与えて白星をつかんだことが韓国国内で前回大会の優勝以上に大きく盛り上がった過去の事実も文政権としては当然把握しており、この「夢よもう一度」という目論見につながっているようである。

 ただ、プレミア12で韓国代表がどれだけ健闘しようとも、さすがに代表メンバーが兵役免除の恩恵に授かれる現実性は薄いとみられる。基本的に兵役免除が認められる韓国代表のアスリートは五輪でのメダル獲得、もしくはアジア大会での金メダルのみ。もちろん特例もいくつかあるが、国内では「次のプレミア12に関しては用

中日にいた宣銅烈氏を解任

 KBOの内情に詳しい事情通はこう説明する。

 「東京五輪までチームを率いる予定だった当時の韓国代表監督・宣銅烈(ソン・ドンヨル)氏が昨年10月に兵役免除に該当する代表選手の選考に不透明な点があったと国会議員から指摘され、国会の国政監査で証人として出席。昨年夏にジャカルタ・アジア大会でチームに金メダルをもたらし、兵役義務のある代表メンバーに免除をもたらしたが、それにケチをつけられる形になり、宣氏はブチ切れて辞任した。

 この政治介入については一説によると、日本の中日ドラゴンズでプレーした経験もある宣氏が大の親日家である点を与党側が懸念したとの見方もある。実際、与党内から『宣氏が日本のスパイになってしまうのでは』と根も葉もない妄想を働かせていた声が出ていたほど。いずれにせよ宣氏を降ろす流れを作り上げ、北京五輪でチームを金メダルに導いた金卿文(キム・ギョンムン)監督を現指揮官に据えたのも文政権の圧力。

 とはいえ、宣前監督が辞任に追い込まれた理由は“表向き”で兵役免除に関連する事案なので、次のプレミア12で特赦を与えてしまうと問題が再燃してしまう危険性がある。だから文政権はあえて野球韓国代表にエサをチラつかせて気持ちを高ぶらせ、結果が出ても実際は知らぬ存ぜぬを決め込むつもりなのではないか。非常に狡猾です」

 政治とスポーツを一緒くたにしてまでも、反日を貫く文政権の迷走にはどうしても戸惑いを覚えざるを得ない。傘の下に入れられている韓国代表の面々は果たしてどう思っているのだろうか。とにかく稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンには、ぜひともライバル国の動向や言動に惑わされることなく自分たちのスタイルを信じて戦ってほしいところだ。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191001-00010002-wedge-kr&p=3

Wedge


PDF