交通渋滞が激しいタイの首都バンコクで、歩道を走行する悪質なバイクを注意する日本人女性の姿を映した動画が8月以降、ソーシャルメディアなどで爆発的に広がり、その行動を称賛する声が相次いだ。バンコク都のアサウィン知事は4日、その日本人女性と通りがかりに動画を撮影したタイ人男性を招き、社会に貢献したとして表彰した。

 女性はタイの大学に通う森本めぐみさん(55)。森本さんは6年前にタイに来た直後に、歩道を走るバイクに当て逃げされ、それを機にこうしたバイクを見かけるたびに注意するようになった。ほとんどは注意すると聞いてくれるが、なかには殴りかかって来る人もいるという。それでも護身術で身を守りながら、注意を続けてきた。

 動画が撮影された場所は工事の影響で道幅が狭くなっていて、渋滞するとバイクが車の間をすり抜けられない。森本さんがバスを待つ1時間の間に、約90台のバイクが歩道に乗り上げてきた。動画に映っているのは数台だが、実際にはことごとく注意したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000078-asahi-int

引用元    朝日新聞デジタル

PDF