7日午前9時5分ごろ、石川県・能登半島沖で北朝鮮の漁船と水産庁の漁業取締船「おおくに」(約1300トン)が衝突した。海上保安庁によると、漁船は沈没し乗組員が海に投げ出された。海保は巡視船などを現場に派遣。乗組員ら約60人が救助され、全員命に別条はないという。

「人命優先で対応」=政府高官

 第9管区海上保安本部によると、衝突が起きたのは能登半島の北西約350キロの沖合で、日本の排他的経済水域(EEZ)内にある「大和堆(やまとたい)」と呼ばれる海域の付近。北朝鮮の漁船は衝突で浸水し、午前9時25分ごろ沈没した。乗組員は、水産庁の救命いかだなどに引き揚げられた。

救助された乗組員は付近にいた別の北朝鮮籍とみられる漁船に乗り移った。この漁船はFEZを離れ、北朝鮮の方向に進んだことが確認された。
 江藤拓農林水産相は7日午後、「向こう(北朝鮮)の船が急旋回したためにぶつかった」と述べた。

おおくにの航行に支障はなく、乗組員にけが人などは確認されていない。水産庁によると、おおくには衝突の直前、漁船に向けて退去警告を行い、放水した。同庁は違法操業を確認していないため、救助された乗組員らの身柄確保などはしなかったと説明している。海保は衝突事故とみて、当時の両船の位置関係などを調べる。
 政府は7日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。
大和堆はイカやカニなどが豊富な漁場。北朝鮮の漁船が日本のEEZ内で違法操業を繰り返しており、水産庁と海保が連携して警戒・監視活動を行っている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100700451&g=eco&p=20191007at97S&rel=pv

引用元  時事ドットコム


PDF