【東京、メキシコ市聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題を巡って2月に当時の天皇(現上皇)の謝罪を求めた韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、上皇宛てにおわびの手紙を送ったと日本の政治家が明かしたことについて、文氏側は7日、これを否定した。

 共同通信の報道によると、超党派でつくる日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民党)は6日のテレビ番組で、文氏が上皇宛てにおわびの手紙を送ったと明かした。報道は、手紙の詳しい内容や送った時期は不明だとし、文氏が3日に河村氏と面会した際、手紙を送付したことを伝えたと説明した。

 これに対し、文氏側は聯合ニュースに「誤解したようだ。そんなことはない」と否定。文氏側の関係者は、天皇の即位式典の際、上皇と天皇にそれぞれ苦労をねぎらい、即位を祝う手紙を送ったが、内容は儀礼的なもので謝罪は含まれていなかったと説明した。

 文氏は2月に米ブルームバーグとのインタビューで、当時天皇だった現上皇を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼び、天皇の謝罪で慰安婦問題が解決すると発言した。これに対し、日本政府は外交ルートを通じて韓国政府に抗議し、日本の政治家の間からも文氏への強い批判が相次いだ。

 文氏は東京で開かれた20カ国・地域(G20)国会議長会議のため3~6日に訪日し、河村氏や自民党の二階俊博幹事長らと会った。現在、中堅国機構(MIKTA)国会議長会議のためメキシコを訪問中だ。


PDF