政府への激しい抗議活動で緊張が高まっている香港で16日、駐留する中国の人民解放軍が出動し、学生らが路上に設置した障害物を撤去する清掃活動に参加した。6月に拡大したデモに関連して人民解放軍が動くのは初めて。香港政府や警察への支持を示す狙いとみられるが、民主派は今後、解放軍がデモ鎮圧のために出動する布石になる可能性があるとして警戒を強めている。

【写真】香港理工大学前で警察との衝突に備えるデモ隊=2019年11月16日、香港、冨名腰隆撮影

 16日夕方、香港に駐留する解放軍の数十人が道路を封鎖している柵やれんがを取り除く作業に、Tシャツと短パン姿で加わった。軍の一人は香港メディアの取材に「自発的に参加したものであり、香港の安定が目標だ」と語り、「ボランティア」としての参加であることを示唆した。

 香港の「憲法」にあたる香港基本法には、駐留部隊は治安維持や災害救助を目的に、香港政府の要請で出動できる規定がある。香港メディアの取材を受けた軍関係者は「自主参加」を主張したが、今回、どのような経緯で撤去作業に参加したかは明らかになっていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000062-asahi-int

朝日新聞デジタル


PDF