【ワシントン=黒瀬悦成】1989年12月2、3日、当時の父ブッシュ米大統領と旧ソ連のゴルバチョフ書記長が地中海のマルタ島沖で会談し、東西冷戦の終結を宣言して30年。「マルタ会談」に米国防次官(政策担当)として参加したポール・ウォルフォウィッツ元国防副長官(75)が産経新聞のインタビューに応じ、会談は米ソ首脳が信頼関係の下で冷戦を確実に終結させるための「雰囲気作り」を果たしたという意味で「極めて重要だった」と意義づけた。

 ウォルフォウィッツ氏は冷戦終結から30年を経た現在、国際社会にとって中国が「かつてのソ連よりもはるかに手ごわい競争相手と化している」と指摘し、同盟・友邦諸国とともに対応していく必要性を訴えた。

 ウォルフォウィッツ氏は、中国が通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを通じて世界的なハイテク覇権の確立を図っていることに関し、「中国によるサイバー空間の乗っ取り行為であり、極めて憂慮すべき事態だ」と強調。米企業などが所有する知的財産権の侵害も含め「中国による商業や経済分野での振る舞いには弁護の余地がない」と非難した。

 また、かつて自身が総裁を務めた世界銀行に関し「世銀は中国に対して融資を行っているが、中国は自国の予算で(新疆ウイグル自治区のイスラム教徒らを拘束するための)強制収容施設を建設している。恥ずべきことだ」と述べ、対中融資を見直すべきだとの考えを示した。

 中国政府によるイスラム教徒弾圧については「(収容施設での)洗脳や、(他民族の)中国人との結婚を通じてウイグル人の民族意識の一掃を図る、『文化的ジェノサイド(大量虐殺)』だ」と批判した。

 さらに、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関し、「将来的な自国の勢力圏を画定し、海軍力の増強によって実現させようとしている」との認識を示し、インド太平洋からペルシャ湾に至る海域で中国海軍が米海軍を押しのけていく事態に警鐘を鳴らした。

 ロシアに関しては、「強力で成長しつつある中国」とは対照的に「弱く没落しつつある国」だと位置づける一方、「プーチン露大統領はロシアを帝政時代まで戻そうとし、自身を皇帝と重ね合わせている」と語り、警戒感を示した。

 また、ロシアによるシリアやリビアへの民兵派遣やトルコへの防空システムの供与などについて、旧ソ連による東側陣営への軍事支援とは違い、これまで自国と関係の薄かった国に介入する事例が目につくとし、「冷戦期にはなかった現象だ。その意味で、事態は冷戦よりも多少悪化している」と懸念を表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000536-san-n_ame

産経新聞

みんなの意見


前嶋和弘
上智大学総合グローバル学部教授
オーサー報告
ソ連の最後を見届けたウォルフォウィッツにとっては急成長の中国は「ソ連より手強い競争相手」であるはず。アメリカとソ連の70年代後半以降の経済成長の差は、軍事的な差につながっていきました。いま、中国の経済成長は目覚ましいほか、米中をはじめ、アメリカの同盟国のほとんどが中国との経済相互依存状態であるのも「中国が手ごわい」理由。経済力が軍事力となり、技術力となっています。
——————————————————————————
eff*****
名無しさん
ロシアは広い国土と資源があるものの経済規模はスペインと同じくらいしかなく、人口もアメリカの1/3。
当てだけ軍事費にお金かけて制裁も食らって、市民生活は大変そうだけど政権はひっくり返らないのは大したもの(今のところ)
中国は資源は多くないが人口はアメリカの3倍以上。
名無しさん
非民主的で且つ覇権的な中国は経済制裁すべきである。ただ、人口が多いため自国経済に多大な影響が出るため難しいのが現状でしょう。
グリーゼ581g
>ロシアによるシリアやリビアへの民兵派遣や
>トルコへの防空システムの供与などについて、
>旧ソ連による東側陣営への軍事支援とは違い、
>これまで自国と関係の薄かった国に介入する事例が目につくとし、
トルコは別として、
シリアについては冷戦期から人的交流も含めて関係は濃かったです
ごんぞう
鄧小平は天才でしたね。日米はすっかり騙されてしまい、あのような恐ろしい敵を育ててしまいました。ドイツがイギリスの覇権を奪った時のやり方で成長し、ソ連の失敗から多くを学んで成長しました。日本も八方美人ではダメで、この辺でちゃんと立ち位置をしっかりさせておかなきゃ。
名無しさん
オバマの8年間でだいぶ増長させてしまったからなあ。ここで叩かないと手が付けられなくなるとトランプが認識しているようだけど、ちょっと遅かったかもしれない。
名無しさん
手強い相手にしてしまったというのが正解でしょう。
安部さんも尖閣諸島を見て見ぬふりして国賓とか御機嫌とりしてるけど、ますます図に乗ると思う。
世界的にそうだけど、いけないものはいけないとしっかり言える国家関係を作らないと、新たなわけわからん秩序が生まれてしまう。
名無しさん
今の民主主義というのは、ややもすると衆愚政治に陥りつつありますよね。また、資本主義も安さや効率ばかりを求めて、社会のひずみを生むこともあります。
ただ、中国のやり方は、リーダーが偉大で公正な場合はとてもうまく機能するのですが、そのようにいかなくなったときに、とりかえしのつかないマイナスが生じてしまいます。
それを慮ったとき、民主主義は最善ではないけれども、一番ましな体制であるといえるのかもしれません。
芝犬の後頭部
中国は、人口も多く経済力があるだけにソ連より手強い。ソ連を引継ぐロシアは、当時より人口も少なく経済力も弱いのに身分不相応に背伸びして存在感を示しているということかな。
名無しさん
1990年代からIBMのPCを中国で生産し始めの頃から将来危ういと感じてた。全て米国の甘読みによる結果。今後は技術移転は絶対ノーで
民主化しない限り相当な対応が必要。説き既に遅しの感あるが
今後は国防のためにも中国マネーは当てにせず閉鎖しこれ以上経済発展させないよう各国が協力せざるを得ない。
n*******
秋のオーデトワレ
白人のこういう認識は怖い。
白人は勝ってるときはジャスティスだの、フェアー・アンフェアーだのかっこいいこと主張するが、いざ自分が負けそうになると「何でもあり」に傾いていく。白人が負けているのは相手が不正をやっているからに違いなく、アンフェアであるという論理によって「あの野郎、やっちまえ」となるわけだ。
名無しさん
旧ソ連は、どうしようもなくガンコで粗野で操りにくい国でしたが、西ヨーロッパとよく似た文化を持ち、キリスト教の東方教会が生きている国でした。ところが中国は、西洋文明とは本質的に異質で、行動がきちんと予測できません。アメリカは、エイリアンと対決しているような気がしているのでは。加えて人口が、どんなライバルより多いしね。
 では、同じアジアの日本は中国のことがよく分かるかというと、「脱亜入欧」で儒教文化がだいぶ抜けたせいか、あちらが社会主義のせいなのか、あまりよく分かりません。
 同じ漢字と稲作の文化圏の親しみはあるけど、街の雰囲気というか、出会う官憲の態度というか、どこか刃物のようにヒヤリと違和感を感じる。その矛盾が中国旅行の面白さだけど…今は韓国の方が、中国との親和性は高そうですね。
名無しさん
当時、ソ連がやってた諜報活動のやり方を更に強化した形でやったり
研究に関しても当時のソ連より躊躇がないのは凄い。
経済的にも、金になる事には人材の引き抜きや投資を惜しまない。
政治もがっちり固めている(反乱の芽はしっかり潰す)
ただ国民の意識(漢民族以外の)をしっかり統一している訳じゃないから、崩壊する時はソ連の時とは比べ物なら無い位、小国の分裂と内乱問題が出てくると思う。
名無しさん
今や中国は、AIに関してはかなり先を行っていて、瞬時に敵対国のシステムを乗っ取る能力を構築しつつある。冷戦の頃のソ連や、その後のイスラムが敵対していた頃の、空母、戦闘機、ミサイルなどの破壊兵器などをいくら保有していても、コンピューターで制御されている以上、撹乱されて無効化されてしまう。それがアメリカにとって、極めて憂慮すべき事態ということでしょう。
名無しさん
ソ連は国民を蔑ろに刃向かう者は秘密裏に殺すし、領地拡大をする為に頻繁にアフガニスタンに侵攻しては阻止されていた経緯がある。中国は中華思想の元で着々と海外進出して漢民族至上主義を唱えている。人権弾圧は中国各地で起きていて刃向かう者は大量虐殺も辞さない覚悟だ。民主主義を全否定し国民を押さえつけて監視社会にして自由を奪って中国共産党の維持を図る所は強かで末恐ろしい。日本も余り親密な関係を持たないような距離感が大事だと思う。
ここに書き込んでるときは仕事から現実逃避
米ソと言ったって、ソ連がアメリカ企業にとっての大マーケットになるなんてことはなかったからね。米中はお互いに大マーケットになっているから、駆け引きは複雑にならざるを得ない。
名無しさん
これまで通りのアメリカ覇権の世界で暮らすか、新たな中国覇権の世界で暮らすことになるのか。
我々もよく考えないといけない時期である。目先の利益だけ考えてると大変な事になるかも。もう無傷で終わらせることはできない状況なので。
名無しさん
近年まで人民公社を基盤に国民生活を支え、工業輸出など無いに等しかったが、合弁会社を条件に先進諸国の技術を吸い寄せ、今や「世界の工場」となった中国。
先進国がみずから技術を与え、あるいは盗まれながら今日の脅威に至ってしまった。
そして潤沢になったチャイナマネーの投資先は日本を含む外国の不動産へと向いている。いや、投資というよりは拠点拡大である。
将来禍根を残さぬよう、日本政府は外国人や海外資本が絡む土地取引に一定の制限を設けてほしい。
名無しさん
いよいよ米中冷戦は本格化。対立しない事を願うばかりでなく、現実的に貿易や防衛などの準備しなければいけない時期が来たようです。そして、今日の一面のトップ記事を惜しげもなく提供していただけた産経新聞さんの気前の良さに感謝です。
名無しさん
中国から資本と企業の撤退。中国を利用すれば、企業は一時的な利益を得られるかもしれないが、国益は損なわれていく。日本も戻って来やすいように、税制など考慮すべき。まずは中国への金回りを良くしないようにしなくてはならない。
名無しさん
自分が子供の頃は中国は自転車が移動手段の遅れた国と思いながらその当時に自分達が大人になるときには追い越されているって話があった。
そんな事はないと思ったものだが現実になってしまった。
あの人口が日本を乗っ取りに来るのではと恐ろしく感じるこの頃。
海上保安、自衛官の方々には日頃の訓練をがんばってイザという時には活躍していただきたい。
名無しさん
その時その時の所謂自国の利益のために、手を貸したり制裁したり…中東問題やイスラエル、紛争地域などのこじれ、そして中国をここまでにしてしまった全ての原因は米国にあると思うんだけど…チベットウイグル自治区などの人権問題も経済に影響があるので、なかなか問題提起する国もなし…世界のパワーバランスも変わっていくんじゃないだろうか。各国が連携して本気で対応しないと、中国はもう手をつけられなくなるだろうね。
水資源や土地、技術など少しずつ抑えられている日本は、そのうち、中国の一省になってしまいそう。
名無しさん
日本の弱体化は、中国の目標の1つだから、常に十分注意しないといけない。産業と軍事は重要なのだが、今の日本ではなかなか太刀打ちできない。モノづくりに偏らずに、外貨を稼げるさまざまな分野での産業を発展させないと、終わる。官も前例踏襲主義を止めて、新産業を起こし易い様に改革していかないといけない。
名無しさん
ロシアはGNP比最大14%の軍事予算を取り、それが
結局 国家予算を崩壊させソビエト連邦の解体に
つながったけど、中国は人口が多いため 内需による
経済力が1桁違うので、軍備の増強が拡大し続けるから
いずれ近い将来 ロシアを抜きアメリカの軍事力に
迫るでしょう
名無しさん
手強いと同時に(厄介だな)と思う。
案外、中国と国境を接するロシアがその厄介さを一番知っているのかも知れない。
自由主義を唱える国々は、自由な往来や多様性と寛容性を得意げに主張するが、それらが有する脆弱性に対して防御策を構築出来ない。
人権と平等に縛られているからだ。
誰でも「人間として」という概念の下では足がすくむ。
名無しさん
ソ連時代はフランスというソ連とアメリカを仲介してくれる、西側の中では独自路線を持つ国があったし、帝政ロシアからの延長でフランスの話はソ連も耳を傾けてたからね。
それに対して、中国と米国の間にはそういう仲介国がない。
本来ならEU離脱後のイギリスあたりがそのポジションを狙いに行かなきゃいけないんだが、香港の問題で何の手も出せない時点で能力的にも無理だろうな。
人口、経済規模、民主主義を重視しないアジア・アフリカの政治性・国民性を考えると、中国勢力国がこの先アメリカを上まわる可能性すら危惧しながら動かなきゃいけないのが、恐らく今後の世界だ。
もう一つ、たとえば科学至上主義やクローン等に対する倫理観などでは、実は日本も中国サイドの価値観との方が親和性があるかもしれない。
tontin***
旧ソ連より手ごわい原因は教育にある。
教育を国の発展の基盤に於いて国家の財産にしている。
人的財産が無ければ資源がいくらあっても人口が多くても国土が広くても宝の持ち腐れか他国の餌食にされてしまう。
実際、ごく普通の学生の勉強時間を比較すれば日本の学生との差は一目瞭然であり、学習能力や意欲は競争社会もあって非常に高い。
今は口を閉ざしているが、平均的な国民を基準にすれば国民が国家の足手まといになっているような状況ではなく、むしろ統一と自由の矛盾から解放されない国家の方がネットから多様な情報を得ている国民の足手まといに成りつつあるのではなかろうか。
この意味では誠に奇妙な現象だが、共産主義国にあってのネットは開放の道具であるが、日本の様な自由主義国にあってのネット情報等は政府広報部化しているKKK等の一部メディアに見られるように、愚民化政策の一環となっているのではあるまいか。
あーやべー出そう
中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関し、「将来的な自国の勢力圏を画定し、海軍力の増強によって実現させようとしている」
これはアメリカのセオドアルーズベルトの時と同じようなものでは?
中国は今のところ武力を使って他国に侵攻したような歴史は無いし、このようなことはアメリカに説得力は皆無だと思うのだが。
インディアンを迫害し、南北戦争後西進を進め排外主義を掲げたアメリカが言える立場ではない。
名無しさん
ベトナム戦争の教訓がそうさせるのだろう。特に日本より物資が豊富にあるし、場合にはロシアや北朝鮮も相手にすることになるからね。何と言っても人口13億人もいれば、素手で戦ったら負けるのは当然だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000536-san-n_ame

産経新聞


PDF