男子生徒にわいせつな行為などを繰り返していたとして、兵庫県立高校の40代の男性教師が懲戒免職されました。

懲戒免職の処分を受けたのは、播磨西地区の県立高校に勤務する40代の男性教師です。

教育委員会によると、男性教師は去年6~12月に顧問を務める部活動の男子部員3人に対し、体育館や車の中で股間を触る行為や「キスするぞ」などの性的な発言を繰り返していました。

このような行為や発言は数十回にも及んでいて、男性教師は「冗談やスキンシップのつもりだった。軽はずみな行為や言動で生徒の心を傷付けてしまった」と話しているということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-21120915-kantelev-soci

関西テレビ


PDF