「チャンチャそれな」の衝撃

 2020年1月22日、日本テレビの情報エンターテインメント番組「ZIP!」で、ちょっとした異変が起こった。「10代が予想する今年の流行語大賞」というコーナーで「チンチャそれな」という聞きなれないフレーズがノミネートされたのだ。

日本の10代女子に「韓国」がこんなにウケてる「本当のワケ」

 番組内でも紹介されたが、この「チンチャそれな」は、韓国語で「本当」を意味する「チンチャ(진짜)」と、2010年代以降「そうそう」という意味で若年層を中心に使用されている「それな」が合わさった言葉で、元々はコメディアン、スクールゾーンの橋本稜さんが2019年後半にSNSに投稿したネタに端を発している。

 橋本さんはその他にも「韓国好き女子あるある」シリーズのネタを多数発表しており、いずれも中高生を中心とした若者の間で共感を持って受け入れられている。その人気が今回のノミネートに繋がったと言える。

 また、2019年6月25日には、大阪に本社を置く朝日放送テレビの「おはようコールABC」で、韓国のアイドルグループIZ*ONEの日本人メンバーである宮脇咲良さんの口癖である「やばいンデ」が紹介された。もはやすっかり市民権を得た若者言葉「やばい」と「~なんだけど」という意味の韓国語「~ンデ(ㄴ데)」の合成語だ。

 このように日本語と韓国語が融合して生まれた新しい言葉を、私はある種の愛情を込めて「日韓ピジン」と呼んでいる。「ピジン」「クレオール」って何?

 「ピジン」というのは、異なった言語を持つ者同士が意思疎通を試みる過程で生み出されるミックス言語のことだ。ピジンでは双方間の語彙の借用が盛んに行われる。さらに単数と複数の区別、変則的な格変化、細分化された時制などの複雑な文法事項は簡略化され、発音も単純化される傾向がある。

 列強が世界各地に植民地を持った時代(主に19~20世紀)には、支配する側の宗主国の言語と、支配される側の現地住民の言語が混ざり合い、世界中で多くのピジンが誕生した。日本語と他言語とのピジンの例もある。開港期の横浜で貿易商を中心に使用された「横浜ピジン日本語」や、満州国において使用された日本語の変種である「協和語」などがそうだ。

 ピジンが次の世代にまで継承され、それを母語とする者が現れると「クレオール」と呼ばれるようになる。

 私たちが日本語と認識している言語も、時代を遡れば古くは大陸から多くの漢語を、また近代に入ってからは欧米から多くの外来語を取り入れ、それを日本語の中に消化させてきた。そういう意味では日本語自体、巨大なクレオール言語と言えるかもしれない。

 さて、それが今回は日本語と韓国語の間で起ころうとしているわけだ。もちろん、日本語全体からすればまだ微々たるサンプル数ではあるが、今までとは明らかに異なる風が吹き始めたのは確かであり、日本語と韓国語の関係史において、新しい時代が到来したことを告げる非常に象徴的な出来事ではないかと思っている。

この20年の激変

 この現象から読み取れる最大の変化は、日本における「韓国語という言語の大衆化」である。そもそも言語は、話し手と聞き手の双方間において、語彙や文法知識の相互理解がなされて初めて言語として機能する。つまり、「チンチャそれな」や「やばいンデ」が受け入れられるためには、韓国語の「チンチャ」や「~ンデ」を理解している集団が、ある一定以上の数に達している必要があるということだ。

 20世紀以前、一般の日本人が韓国語について持ちうる知識は非常に限定的なものだった。「キムチ」や「クッパ」など食べ物についての貧弱な語彙がせいぜいであり、韓国語がどのような響きを持った言語なのかすら知らない人が少なくなかった。私のパートナーは1990年代後半に留学生として韓国から日本にやってきたが「韓国から来た」と言うと「你好(ニーハオ)」と挨拶されたことが何度もあるという。

 今でこそ「アンニョンハセヨ」「サランヘヨ」「ケンチャナヨ」「マシッソヨ」などは(韓国語を習ったことがなくても)誰もが知っているフレーズだが、つい20年ほど前までは韓国語は日本人にとって全く馴染みのない、そして少なからず不可解な、謎の言語だったのである。

 そのような状況は2000年代初頭の「冬のソナタ」に始まる韓流ブームによって一変する。朝鮮半島の言葉といえば、北朝鮮の鬼気迫るニュース音声ぐらいしか耳にしたことがなかった日本人が、ドラマによって、映画によって、アイドルのインタビューによって、「普通の韓国人が話す普通の韓国語」に日常的に触れるようになった。

 そして韓流は20年弱の時を経て、「ブーム」という枠を超え一つの「文化」として日本社会の中に定着した感がある。現在私が大学で接しているのは、列島中を冬ソナ旋風が吹き荒れていた頃は2~3歳にすぎなかった学生たちだ。BTSやTWICEに夢中な現在の中高生は、その頃まだ生まれてすらいなかった。彼らはまさに身の回りに韓国語コンテンツが当たり前に存在する環境で生まれ育った「韓流ネイティブ」なのである。

 さらに、韓国からの訪日客が増えたことで街角で韓国語を耳にすることも多くなった。駅や観光地の案内表示にアルファベットや漢字に混じってハングルが表記されているのもすっかり日常の光景だ。韓国語は日本人にとってもはや謎の言語ではなく、すぐ隣にある身近な言語になったのである。

 それと呼応するように韓国語学習者の数は激増している。全国の紀伊國屋書店で、2019年度の英語を除いた外国語学習書の売り上げランキングを見ると、韓国語が堂々の1位であり、しかも2位の中国語の倍以上売れているというから驚きだ。

 特に若い世代の間の韓国語熱の高まりには目を見張るものがあり、2019年には韓国語能力試験(TOPIK)の日本における受験者のうち10代が占める割合が30%を占めた。10年前には1%に満たなかったことを考えると信じられないような現象だ。私の勤務校でも韓国語専攻希望の学生数は年々増加傾向にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200216-00070450-gendaibiz-kr&p=2

現代ビジネス


PDF