イギリスの39歳のコロナウイルス感染症患者は、病院のベッドから病状を説明するビデオを投稿した。呼吸すると「肺にガラスを入れるように感じる」と彼女はMailOnlineに語った。

【全画像をみる】イギリスの39歳の重症患者が、首相の要請にも関わらず街へ繰り出す人々へ警告…「本当に悲惨」「肺にガラスを吸い込むような感じ」

タラ・ジェーン・ラングストンは、健康でジムが大好きで、コロナウイルスの問題が誇張されていると考えていた。

彼女はまだ社会的距離をとっていない人に警告するためにビデオを作ったと言う。

3月20日の時点で、イギリスは3000件以上のコロナウイルス症例と140人以上の死者がいる。

ボリス・ジョンソン首相は16日に、すべての「不必要な」活動の停止を求めたが、多くの人々はこれを無視した。

コロナウイルスによって引き起こされる病気であるCOVID-19の治療を受けている39歳の女性は、集中治療室のベッドから人々へ警告するビデオを作成した。

SNSで共有されているビデオでは、タラ・ジェーン・ラングストン(Tara Jane Langston)さんは視聴者に向けて、腕にある2本のチューブと、使用している呼吸チューブを見せて、息を切らして話しました。

ビデオを作成してから、彼女は徐々に回復し、ICUから通常病棟に移動した、とMailOnlineは報じた。

ラングストンさんはMailOnlineに、呼吸は「肺にガラスを入れるような感じだ」と語った。

ロンドンのヒリンドン病院にいるラングストンさんは、ビデオで次のように語っている。

「大丈夫だろうと考えている人は、私を見てください。もし感染して本当にひどくなったら、あなたはおしまいです」

彼女は、現在の状態でさえ、以前の「10倍も良い」と言う。

19日の時点で、イギリスは3000人以上の感染者と140人以上の死者を報告している。 ただし、イギリス当局は、すでに入院している人だけを検査にしているため、感染者はもっと多い可能性がある。(23日現在、イギリスの感染者は5741人、死者は281人)

ラングストンさんは、以前はコロナウイルスの大発生は誇張されていると考えていたが、ビデオを投稿して、同僚が予定されているイベントに参加することに警告したかったと語った。

「私は感染する前に、ただ騒ぎ立てられているだけで馬鹿げているという態度だった。集団ヒステリーを真に受けることはなかった」と彼女は言った。 「しかし、その後、発症した。本当に悲惨な経験だった」

MailOnlineは、ラングストンさんは健康な運動愛好家で、70歳未満であるため、COVID-19の深刻な症例を発症するリスクが高いとは考えられていなかった。 彼女は、病院で見た他の人々は50歳か60歳くらいのようだと述べている。

16日、イギリスのボリス・ジョンソン(Boris Johnson)首相は、パブやナイトクラブでの会合を含め、すべての「不必要な」接触や旅行を避けるよう、市民に呼びかけた。これらの対策が実行されなければ、コロナウイルスの感染件数は5、6日ごとに倍増する可能性があるという。

しかし、直接的な閉鎖命令は出ていないので、特に3月17日は「聖パトリックの祝日」ということもあり、パブや他の店は多くの人でにぎわっている、とMetroが18日に報じた。

ラングストンさんはMailOnlineに対し、「人々は自己隔離する必要があることを認識しなければならない。それが唯一の方法だ。信じてほしい」と述べた。

ビデオの中で、彼女は喫煙者に「タバコを置きなさい。そんな肺でもあなたには必要なものだから」とも言った。

彼女はまた、病院ではフェイスマスクが不足しており、顔をセロハンのようなもので覆っている看護師がいるのを見たと言った。

ラングストンさんの夫はMailOnlineに、彼女はビデオを作成してから順調に回復しており、酸素吸入の必要量もかなり少なくなったと語った。

ヒリンドン病院は、Business Insiderのコメント要請に応じていない。

[原文:A 39-year-old coronavirus patient who could hardly breathe posted a stark video from the ICU to warn people who think it won’t happen to them]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000003-binsider-int

BUSINESS INSIDER JAPAN


PDF