【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は30日、超大型放射砲(ロケット砲)の試射を行ったと報じた。北朝鮮は前日に短距離弾道ミサイルとみられる2発の飛翔(ひしょう)体を発射しており、これを指す。金正恩キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が視察したかどうか言及していないことから視察しなかったとみられる。

 同紙は試射について、超大型放射砲の戦術・技術的な特性を改めて確証することを目的に実施したと伝えた上で「成功した」と報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00254811-yonh-kr

聯合ニュース


PDF