新型コロナウイルスの感染が収束し始め、5月6日からは日常に戻りながら生活の中で防疫を実践する「生活防疫」政策に転換した韓国。しかし、その矢先に再び集団感染が発生し、再流行の兆しを見せている。 【画像】「感染した男性が訪れた当日のクラブの様子」とされる内部映像  今回の震源地は、ソウルの代表的な繁華街である梨泰院(イテウォン)にある複数のクラブだ。  最初に感染が発覚したのは、ソウルのベッドタウン・京畿道龍仁(キョンギド・ヨンイン)に住む20代の男性。韓国のゴールデンウィーク翌日にあたる5月6日にコロナ感染が判明したのだが、彼が連休中に京畿道内やソウルを歩き回り、5月1日午前零時から2日未明にかけては、梨泰院でいくつかのクラブをハシゴしていたことが問題を深刻化させた。  その結果、この男性が長時間滞在した梨泰院のナイトクラブ「キング(King)」を中心にコロナ感染者が続出し、5月11日現在で計79人の感染者が発生したのだ。

「ブラック睡眠部屋」とは?

 さらに今回のクラスターへの対策を複雑にしているのは、その20代男性が歩き回ったクラブのうち、「キング」など3カ所が、いわゆる「ゲイ・クラブ」だったことだ。  このため、クラブの利用者がアウティング(本人の望まないカミングアウト)を恐れ、防疫当局の調査に応じないケースが続出している。防疫当局によると、約5500人のクラブ利用者のうち2000人ほどが虚偽の連絡先を残し、連絡が取れていない状態だという。防疫当局は、携帯電話会社とカード会社にデータの提出を要請し、警察からも協力を得てクラブ利用者全員を捜し出して検査を受けさせる方針だが、現状は厳しい。  さらに深刻なのは、クラブで感染した者の一部が「ブラック睡眠部屋」と呼ばれる男性同性愛者専用の休憩所にも立ち寄っていたことだ。「ソウル新聞」電子版(5月10日付)は、この「ブラック睡眠部屋」について次のように説明している。 「ブラック睡眠部屋は“チムバン”という名称で呼ばれ、男性同性愛者が性的欲求を解消するために使う場所だ。夜になるとさらに賑わい、金曜日から日曜日までは足の踏み場もないほど多くの人が訪れる。少人数が使用できるこぢんまりした部屋から、大人数が入場できる開放された空間までそろっている。薄暗い部屋では性行為が主目的であるため、手指消毒剤の使用やマスク着用など基本的な生活防疫はほとんど守られていない。匿名の男性と性行為をする空間なので、入場客は個人情報が公開されやすいクレジットカードより現金を好む」

ネットで明かされている情報によると、入場料は2万ウォン(約1800円)程度とホテルなどに比べてかなり安い。そのため夜明けにクラブを出た同性愛者たちが休息のためにここを訪れるという。 「ブラック睡眠部屋」は、ソウルだけでも梨泰院と江南(カンナム)を中心に数十カ所が運営中とされる。入場者は服を脱いで携帯を切ってから入場するため携帯電話のデータからの追跡は難しく、報道の通り現金払いが中心のためカードの利用履歴からの追跡も困難だ。  このような事情から、京畿道では該当する風俗店の出入り履歴を公開することは止め、感染が懸念される期間に梨泰院を訪問したことがある人は誰でも無料でコロナ検査を受けられる、という形で検査を呼びかける特別な措置を始めた。なお、今回の事態を受けて、ソウル市と京畿道は、クラブをはじめとする全風俗店に対して2週間の集合禁止命令を下した。

「第2の新天地」と呼ばれる理由

 今回の集団感染は、2月17日以降、韓国を恐怖に追い込んだ大邱(テグ)の新興宗教「新天地教会」発のコロナ感染の大流行と類似点が多い。韓国メディアでは「第2の新天地」と、懸念する声が高まっている。  まず、密閉、密集、密接、いわゆる「3密」の危険性の高い施設で感染が発生し、瞬く間に全国に広がったことだ。大邱の新天地教会が全国の新天地信徒が訪れる「聖地」だったなら、今回最も多くの感染者が出た梨泰院のゲイクラブ「キング(King)」は、特定クラバーたちの「聖地」。今回もオープン3周年を迎え、全国からクラバーが集まっていた。その結果、ソウルと京畿道だけでなく、大邱、釜山(プサン)、済州(チェジュ)まで全国にわたって感染者が続々と発見されている。  数千人規模の濃厚接触者がいる点も共通だ。大邱の新天地教会の集団感染では約9000人の信徒が濃厚接触者として分類され検査を受けた。梨泰院クラブの場合も感染の危険があった時期の4月30日~5月6日の間にクラブを訪れた約5500人を濃厚接触者として分類し、入場客全員に検査を行う予定だ。  しかし、最も憂慮される共通点は、社会的マイノリティーが利用する施設で集団感染が起こり、防疫当局が疫学調査に困難を来たしている点だ。大邱・新天地教会でコロナ感染者が初めて発生した時、韓国社会で異端として扱われている新天地教会の信徒や教会側は身元が露出することを嫌って、防疫に非協力的な態度を見せた。結果、大邱地域でコロナが蔓延する不幸な事態をもたらした。今回の梨泰院のケースも、先に述べた通り、濃厚接触者の追跡は困難を極めている。

韓国国民は何に失望したのか

 防疫当局の努力や国民の心配にもかかわらず、梨泰院の感染が発覚した後の先週末も、ソウルの代表的な風俗街である弘大前や江南では、居酒屋の前に長い行列ができた様子が報道された。韓国社会では、分別のない若者たちに対する憂慮と怒りが起きている。  集団感染の原因となった20代の男性が住むマンションには、彼と両親を非難する張り紙が貼られた。また、梨泰院のクラブでマスクもつけずに多くの若い男性たちが寄り添って踊っている動画が流布されると、ネットでも彼らを非難する書き込みが殺到した。  このような韓国人の反応について、韓国のマスコミは、今後同性愛者に対する嫌悪感が引き起こされるのではないかと懸念を示している。  しかし、憤っている多くの韓国人は、彼らが同性愛者だから非難したわけではないだろう。韓国人なら誰もが大事な私生活を犠牲にして守っていた防疫のルールが、少数の若者たちの行動によって水の泡と化してしまったことに怒りを感じ、失望感を持っているのだ。  高校3年の受験生の娘を持つ友人は、5月13日から再開予定だった学校の授業が、今回の梨泰院の一件で再び中止になるのではないかと心配している。 「うちはもう2カ月以上も娘を学校にも塾にも行かせられていない。それなのに、若者たちがクラブで踊って遊んでいる姿を見たら、とても腹が立つ。このような自己中心的な人のため、子どもたちだけが被害を受けるなんてあんまりです」  認知症の母を療養病院に預けている友人は、5月8日(韓国の両親の日)に療養病院を訪問したが、コロナ対策のため会うことはできず、そのまま戻ってきたという。 「母には電話で『会いたい』と泣かれました。もう3カ月近く面会ができていないのですから当然ですよね。6月13日が母の誕生日なので、『必ず会おうね』と言ったところですが、今度のクラブの一件で難しくなるかも知れない。そう思うと、とても心配。このまま会えずに母が亡くなるのが怖いです」  韓国は今回の事態を乗り越えて、韓国政府が世界に売り出し中の「K防疫」の名声をふたたび得ることが出来るのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79a8c2815e8a0b1088dc49cf3087f3f8b732d109?page=3

文春オンライン


PDF