資産家として知られ、多くの女性との交際遍歴から「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(当時77)が急性覚醒剤中毒で急死して、24日で2年を迎える。遺産は預貯金、有価証券などで約13億円とされ、全財産を田辺市に寄付するとした「遺言書」をもとに、市が受け取るための手続きを進めている。県警は、覚醒剤との接点を捜査し、事件、事故の両面で調べを進めている。

【写真】野崎幸助さん  野崎さんの死後、自身で書いたとされる「遺言書」の存在が明らかになり、2018年9月、和歌山家裁田辺支部は、文書が形式的要件を満たしていると判断。これを受け、市は19年9月に遺産を受け取る方針を明らかにした。  市は、遺産を受け取るための弁護士費用や土地、建物、絵画などの鑑定評価手数料を含めた関連予算計約1億8千万円を計上。不動産の所有権移転の手続きや債務整理を進め、今年度内の手続き終了を目指す。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5b327e62b8647956e5048b61a417c4319d6b56b

朝日新聞社


PDF