新型コロナウイルスの感染拡大が続く北九州市で、5月23~31日に感染が判明した97人のうち、過半数の52人はPCR検査(遺伝子検査)時に無症状で、その9割近い46人は濃厚接触者という理由で検査を受けていたことが市への取材で判明した。従来はPCR検査の対象ではなかった無症状の濃厚接触者も検査対象にしたことが、感染確認急増の背景にある。厚生労働省も5月末、濃厚接触者全員を検査するよう各自治体に伝えており、今後、感染者が出た地域では従来水面下に隠れていた患者の掘り起こしが進む可能性がある。 【図解】北九州市の新規感染者数の推移  北九州市では4月30日から23日連続で新規感染者ゼロが続いたが、5月23日から連日感染を確認。31日までに確認された計97人のうち、34人が感染経路不明、63人がその同僚や友人ら濃厚接触者で、63人中46人はPCR検査時は無症状だった。無症状の残る6人は、別の病気で入院中に肺炎の疑いが出るなどして検査し感染が判明した人たちで、感染経路不明の34人に含まれる。  市は従来、発症した人の家族や同僚ら濃厚接触者であっても、無症状であれば2週間の自宅待機にとどめていた。しかし、感染に気づかないまま出歩いてウイルスを拡散させる恐れがあるとして、24日ぶりに新規感染者が確認されたのを機に、PCR検査の対象を濃厚接触者全員に拡大。5月2日にドライブスルー方式の市PCR検査センターの運用を始めるなど、検査態勢が整ったことも後押しした。  この結果、従来ならば気付かなかった可能性が高い感染者も顕在化した。児童5人の感染が確認された市立守恒(もりつね)小(小倉南区)も、最初に感染が確認された児童以外の4人は無症状だった。市幹部も「感染確認の増加は、検査対象を拡大した時点で想定された事態だ」と受け止める。  感染者数が落ち着き、保健所などに余裕が出てきたこともあり、PCR検査の対象を広げる動きは全国的な傾向だ。京都市は5月7日以降、濃厚接触者全員を検査の対象にし、実際に陽性患者の把握につながったケースもある。厚労省も国内外の研究で発症の2~3日前から人にうつす可能性があることが分かってきたとして、5月29日、濃厚接触者全員を対象にするよう都道府県などに伝えた。厚労省の担当者は「陽性者を速やかに見つけるため」と説明する。  福岡県新型コロナウイルス感染症調整本部メンバーで、飯塚病院(同県飯塚市)の的野多加志(たかし)・感染症科部長は「無症状者を含めて検査し患者を把握することは、行政が第2波の予兆をつかみ早期に抑えるのに重要なツールになる。検査や病床の態勢が整っている地域では全国的にもそういう流れになるだろう」と指摘。その上で北九州市の現状について、市内の広範囲に感染経路が分かっていない患者もいることから「市中感染が広がっている恐れがある」と改めて警鐘を鳴らした。【松田栄二郎、井上卓也、青木絵美】

https://news.yahoo.co.jp/articles/2314a5f928fe0b2c6e115037b2940b6867883232

毎日新聞


PDF