(CNN) スペイン東部バレンシア近郊で昨年7月、ヒキガエルの毒を使った儀式の最中に男性が死亡する事件があり、法執行当局は6日までに、11カ月にわたる捜査の末、ポルノ男優のナチョ・ビダル容疑者らを故殺の疑いで逮捕したと発表した。 ビダル容疑者の弁護士によると、同容疑者を含む3人は5月29日に逮捕された。 バレンシア最高裁の報道官はCNNの取材に、3人が同じ日に出廷したことを明らかにした。3人とも保釈され、当局が捜査を続けているという。 死亡した男性や、ビダル容疑者以外の逮捕者の氏名は公表されていない。 ビダル容疑者の弁護士はCNNに対し、男性の死は「悲劇的な事故」であり、同容疑者に責任はないと指摘。死亡した男性は以前にもヒキガエルの毒を使用したことがあって、もう一度体験したいと考えていたという。 法執行当局によると、この男性はビダル容疑者ら3人が企画した儀式に参加していた。 事件は昨年7月、バレンシア近郊エンゲラで発生。男性は「コロラドリバーヒキガエルの有毒の分泌物を吸引する儀式」の最中に死亡したとされる。 依存症回復支援サイトによると、コロラドリバーヒキガエルが分泌する有毒物質「5-MeO-DMT」には幻覚作用が確認されている。 アリゾナ・ソノラ砂漠博物館によると、コロラドリバーヒキガエルは成長すると体長18センチ以上になり、北米に生息するヒキガエルとしては最大規模。アリゾナ州中部からニューメキシコ州南西部およびメキシコ北部シナロア州にかけての地域で見つかる。 公式サイトによれば、ビダル容疑者はポルノ業界で26年のキャリアを持ち、これまでに少なくとも1万シーンに登場したという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a97782eca5d263c10753f2e5cc8d8ac0746d2bab

CNN.co.jp


PDF