「国安法」施行で香港でいま起きていること

写真:現代ビジネス

 香港版国安法(香港国家安全維持法)が6月30日午後11時をもって施行された。  施行日翌日に行われたデモで370人以上が違法集会容疑で逮捕され、うち国安法違反容疑が10人以上。施行までのプロセスも一方的で、捜査令状なしに家宅捜査できるなどガイドラインの根拠も不明確なまま、まさに中国が香港のデモと言論の自由を封じ込めるために作った中共統治のツールとしての法律で、これを西側社会の法律や法治の概念で理解しようとしても到底無理である。 【写真】習近平の大誤算…いよいよ香港から「人」も「カネ」も大脱出が始まった!  では、このように、法治の概念が崩れ去った香港の経済は今後どうなるのだろう。  香港メディアはもっぱら、香港国安法の導入で香港の債権市場がより安定し、金融センターとしての地位が高まるとポジティブに報道している。つまり、国安法によって反中デモが抑えこまれ、吸引力が増すであろうというわけだ。7月1日に香港ハンセン市場は前日比3%上昇した。   香港英字紙・サウスチャイナモーニングポスト(3日)は中国の中央銀行・人民銀行が香港と本土の債券市場の相互取引「債券通」始動3周年を記念した「越境理財通」プロジェクトの開始について報道した際、このプロジェクトが香港を中国金融のゲートウェイの地位を確固としたものにする、とポジティブに報じた。  このプロジェクトは、香港、マカオ地域の銀行が、粤港澳(広東・香港・マカオ)グレートベイエリアの顧客に対して適格投資商品(理財商品)の提供を許可するというもの。粤港澳グレートベイエリアは中国のテクノロジーセンターでもある深圳、珠江デルタその他八都市と香港、マカオの特別行政区を含む。  こうしたプロジェクトの発動は、中国が国家をあげて香港の国際金融センターの重要機能を支えていくことの表明と受け取られており、香港の債権市場も好感している。

「北京の努力」とは何か…?

香港市場で中国本土企業の新規上場が増えている photo/iStock

 オックスフォード経済コンサルティングのエコノミストの胡東安が6月30日に出したリポートによれば、香港の機能は目下維持されており、その背景には北京の努力があると評価していた。香港全体としてはフリーポートとして中国の貿易へのマイナス影響は近々現れてくるだろうが、中国にとっての金融センターの重要意義、特に香港をゲートウェイとした中国市場への外資吸引能力は増強されるだろうという。  中国国家外為管理局の潘功勝局長は6月に「香港と上海、深圳の中国内証券取引所の相互リンクが、目下の市場開放のフレームワークにおいて重要な影響力を発揮している」と述べており、香港の仲介機構を通じての中国本土の証券市場における株式購入によって、中国国内市場の株式の総額の60%が国外の投資家によって保有されていると説明した。  このほか、香港は人民元のオフショア市場としても重要な役割を持ち続け、香港金融管理局のデータによれば、香港オフショア市場の人民元支払いは世界全体の70%以上を占めるという。  また、香港“反送中デモ”が激しくなっていた11月あたりから、香港市場で中国本土の大企業が次々と新規株式上場を行っている。  香港市場では、昨年11月に中国最大手IT企業集団のアリババがナスダックに続いて重複上場し、今年6月はネットゲーム大手の網易(ネットイース)、Eコマース大手の京東が相次いでナスダックとの重複上場を果たしている。この背景にも当然、北京の努力がある。

中国が握る「主導権」

粉飾が発覚したラッキンコーヒー photo/gettyimages

 もちろん、米中新冷戦構造の先鋭化により、米国政府の中国ハイテク企業に対する風当たりが厳しくなり、米国の証券市場への中国企業上場に対する審査も強化されているなか、中国が主導権をにぎる香港市場回帰の流れがでてきている。  中国版スターバックスと呼ばれたラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)が創業からわずか2年目の2019年5月に米ナスダックに上場して5億6100万ドルを調達。その1年後、売り上げの水増しなど粉飾が発覚し今年6月上場廃止となった事件があった。  世界は驚愕したが、国内には「こうした問題は、中国の投資市場に普遍的にみられる軽率さや過熱ぶりが引き起こしたものだ」(アリババ傘下生鮮スーパー盒馬鮮生・侯毅董事長)といった批判とも反省ともいえるコメントがあり、実は、中国人には「さもありなん」といえる事象でもあった。  グローバル経済の中で中国企業への信用が、国家安全上からも資本主義ルール上からも低下している中で、中国式秩序で運営されることが決まった香港市場は、そんな中国企業にとっては、米国市場で突然上場廃止になったあとも、国際投資家からも資金を集められる国際債券市場ということになる。  またアリババなど中国企業が年内にもハンセン指数構成銘柄に入ると見込まれており、チャイナマネーがハンセン指数と連動したETFが香港市場を潤してくれるだろう。  というわけで、中国企業にとっての避難港としての香港市場、香港市場にとっての救世主の中国企業というウィンウィンの関係が深まる、という見通しがある。  だが、これは香港の国際金融センターとして地位が不変不動、ということではないだろう。

習近平の「思惑」

人民元国際化を推し進める習近平 photo/gettyimages

 仏Natixis銀行アジア区主席エコノミスト、アリシア・ガルシア・エレロがブルームバーグに「香港は中国にとってのオフショアセンターになる。国家のオフショアセンターとして、税金優遇、米ドルとの兌換、米ドル投資方面でさらなる柔軟な余地をもちうる。しかし、全世界から投資家があつまるようなグローバル金融センターにはなりえない」とコメントしていたが、その通りだろう。  ここで、中国にとっての香港の使い道、利用価値を改めて考えてみると、一つは人民元の機軸通貨化に向けた人民元国際化推進の中心としての位置づけだ。  中国はグローバル経済において基軸通貨を制するものが世界を制する、として人民元基軸化をはるかなる野望として掲げている。ドル基軸で回るグローバル経済の中で中国がデカップリングされるならば、人民元機軸のグローバル経済を生み出せばよい、というわけだ。そもそも習近平の掲げる一帯一路・シルクロード経済一体化構想とは、人民元決済圏を想定した戦略だ。  もっとも、人民元は基軸通貨どころか、国際通貨としてもまだまだ道半ばで、国際基軸通貨の三条件である「国際社会への総合影響力」「国際収支の大規模赤字」「安全安定の国際収支決済システム(たとえばSWIFTのような)と自由な金融市場の確立」、のうち、少なくとも後ろ二条件はまったくおぼつかない。おそらくこうした条件は、法治と市場主義が前提でなければ整わない。なので、ほとんどの専門家が、習近平政権の野望に理解を示しつつも、今すぐの話ではない、と釘をさすのである。  それでもジンバブエなど人民元がその国の法定通貨替わりに仕える国や地域はじわじわ拡大しており、カンボジアなどは中国に命じられるままに、国家として米ドル使用から脱却しようとしている。そのうち、ドルの代わりに人民元が流通していくだろう。こうした人民元経済圏を中心に香港の人民元オフショアセンターとしての地位を固めていくという利用価値はありそうだ。  香港は中国人にとって最も馴染みのある金融センターであり、国内の金融改革や人民元国際化に向けた実験を実施できる市場ともいえる。これまでならば、外資のハゲタカの干渉を恐れてできなかった香港市場における金融改革実験だが、もはや一国二制度もなくなり、法制度を中国共産党の恣意通りに動かせる。  外部勢力の動きをコントロールできるだけの情報統制のメカニズムも人手も手に入れており、中央政府としては香港市場をプラットフォームにして、安心していろんな実験ができる、という見方もある。

米ドルと香港ドルの「蜜月」の終焉

 トランプ政権が、一部保守系シンクタンクの主張を聞き入れて、米国が香港や中国の銀行をSWIFTネットワークから排除するようなことになれば別だが、そうでなければ、中国市場やチャイナマネーに恋々とする企業は米国にも日本にもたくさん存在する。中国の自由や人権に対する蹂躙に目をつぶるという企業や人としての良心にさえ鈍感であれば、まだまだ商機は見いだせよう。  だが香港ですでに一国二制度が崩壊しているという事実はもはや変えようがない。  今後の香港市場は、たとえば2015年夏の上海株大暴落のように、市場原理と別の原因に株の乱高下に振り回された挙句、市場関係者や投資家が香港版国安法を根拠に「外国と結託した国家安全危害」の容疑で逮捕されたりすることもあるかもしれない。  中国共産党は、国内の権力闘争では、そうやって政敵を失脚させたりしてきたのだ。少なくとも以前のように香港は自由と法治があると思ってビジネスだけに専念していていいだけの土地ではなくなり、中国でのビジネスや投資と同じ感覚で、政治の動きや言動に注意が求められるようになる。  そして米国の大統領選の見通し次第のところもあるのだが、このまま米中の新冷戦構造がさらにヒートアップし、次の段階、つまり金融戦争に突入するとなると、やはり米ドルと香港ドルのペッグ制の終焉はいずれ訪れよう。香港の一国二制度の崩壊は、米ドル経済圏と人民元経済圏という二つの異なる経済秩序のブロックに引き裂かれ、世界はさらにきな臭く緊張感に満ちた時代を乗り越えていく覚悟を求められていくことになる。

福島 香織(ジャーナリスト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8853b57bf202c942272f4a24da86015a59417fd?page=1

現代ビジネス


PDF