【世宗聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に立候補した韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は6日、記者団に対し、「日本はとても重要なWTO加盟国の一つであり、WTOを率いて改革する適任者は私であることを強調する」としながら、「両国のこれまでの協力を基に支持を求めていく」と述べた。同選挙を巡って日本は別の候補を支持すると報じられている。  兪氏は7月13~22日にWTO本部のあるスイス・ジュネーブで、WTO加盟国のうち約120カ国・地域の関係者と面談して支持を求めたが、この中には在ジュネーブ国際機関日本政府代表部大使も含まれているという。  兪氏はまた「多国間による貿易体制が強固に作動することは、貿易を通じて経済成長を続けてきた日本にとっても役立つ」とし、「日本もWTOの改革ができる候補者なのかを重要視すると明らかにしている」と強調した。  今回のWTO事務局長選には兪氏のほか、英国、ナイジェリア、エジプト、ケニア、メキシコ、モルドバ、サウジアラビアから立候補があった。  一部の海外メディアは、女性候補3人のうち、これまで事務局長が選出されたことのないアフリカ地域から出馬した、ナイジェリアかケニアの候補者が有力との見方を示している。  これについて兪氏は、事務局長の出身地を配分する規定はWTOにはないとし、加盟国はWTO改革に必要な能力と資質を備えているのかどうかを評価する雰囲気だと伝えた。  事務局長選は加盟国が支持する候補者を明らかにし、これに基づいて候補の一部が脱落する方式で進められる。1回目には8人中3人が脱落し、2回目には5人中3人が脱落する。3回目で候補2人のうち1人を全会一致で選出する。1回目の協議は9月7日から始まり、同15日~20日に結果が出るものとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ca6d3f6541d86f07099d0fff76f2cc836f79b37

聯合ニュース

【関連記事】


PDF