8月4日のレバノンベイルート港の化学物質の大爆発で、日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告(66)の妻キャロル容疑者(偽証容疑で逮捕状)がブラジル紙に自宅が損害を受けたと翌日語ったが、6日、フランスの各紙は、自宅が完全に破壊されたと報じた。レバノンの情報筋によれば、ゴーン被告は首都ベイルートから避難し、郊外に身を寄せているという。逃亡後、豪邸で優雅に暮らしていたゴーン被告は、いわばホームレス状態に陥ってしまった。  大爆発は、通貨危機や新型コロナウイルスによって混迷を深めてきたレバノン社会をさらに混乱させるだろう。今回の爆発事故はレバノン政府の化学物質の管理の怠慢で起きたため、腐敗や無能で反発されてきた政府に対する信頼がいっそう低下したことは否めない。レバノン社会が混沌とする中で、高級住宅での生活という特権を失ったゴーン被告は心許ない生活を余儀なくされることだろう。 ■仏紙はゴーン被告を“ホームレスの一人”と形容  あるフランス紙は、ゴーン被告は今回の事故で家を失った30万人のホームレスの1人と形容している。爆発事故で政府が運営する小麦の倉庫も大損害を受け、レバノンの食料を輸入する能力も著しく低下した。ゴーン被告の食卓も寂しいものになる可能性が高い。レバノンでは、150万人のシリア難民と27万人のパレスチナ難民も居住するが、難民の存在もレバノンの食料事情を逼迫させていくだろう。新型コロナウイルスで手一杯の医療現場は、事故の負傷者たちでさらに膨らむことになり、ゴーン被告は十分な医療サービスも受けられない環境にいる。  レバノンでは対外債務が膨らんだために、現地通貨は昨年10月以来、その価値を80%下げた。レバノン経済は食料を含めて輸入に頼り、債務によって輸入経済を支えてきた。輸入経済に依存することは、レバノンの資本が海外に流れ、現地通貨が価値を下げることになる。  海外在住のレバノン人企業家たちは、レバノンの銀行にドルで預金し、また湾岸のアラブ諸国も財政支援を行ってレバノン経済を支えてきた。しかし、腐敗など政府の失政や、政府の経済改革への取り組みが消極的なこともあって、海外在住の企業家たちがレバノンの銀行へのドル預金に熱心でなくなり、また欧米諸国の支援も滞っていった。  こうしてレバノンでは外貨準備が不足し、対外債務が世界最悪とも言える状態になった。銀行は預金者がドルで引き出せる額を制限したために、現地通貨で暮らす人々の生活をいっそう圧迫し、インフレはうなぎ上りとなったが、さらに政府は歳入不足を補うために、タバコやガソリン、さらにはワッツアップのようなSNS通話にも課金しようとしたことが昨年の10月以来連日繰り広げられるデモとなっていった。  レバノンは18の宗派によって構成される宗派のモザイク社会だが、1975年から90年まで続いた内戦を終らせるために、各宗派の代表的なファミリーに権力や利権が分配され、それが政治腐敗の要因となった。イランやサウジアラビアなど外部からの支援もこうした特権層を潤わせ、それも貧しい階層の怒りや反発の背景となっている。  爆発事故によって、政府への幻滅はいっそう深まり、政府を見捨てて海外在住のレバノン人を頼るなどの手段で大規模な国外移住が予想されるようになった。海外在住の離散(ディアスポラ)レバノン人は本国の人口(約684万人:2018年)のおよそ3倍いると見積られているが、国際指名手配を受けているゴーン被告は逮捕の恐れがあるために、この選択肢はない。 ■再逃亡は極めて困難でレバノンにとどまれば過酷な生活  レバノンが無秩序や、さらに紛争状態になった場合、ゴーン被告のとりあえずの逃亡先は陸続きのトルコ、シリア、イスラエルの3国ぐらいしか考えられない。しかし、イスラエルとレバノンは戦争状態にあり、シリアは戦乱の渦中にあり、またISやアルカイダのような暴力的集団がどのようにゴーン被告を迎えるか定かではない。ゴーン被告はクリスチャンで、イスラムに訴える過激な集団から見れば異教徒で、日本で不正を働いたゴーン被告は腐敗のシンボルとも言え、彼らが最も嫌い、否定すべき対象である。さらにトルコはゴーン被告の逃亡を幇助したとして7人を逮捕した国で、ゴーン被告をかくまうことはありえない。  レバノンに残れば、混迷が続く政治社会の中で快適な生活は送れそうにもない。今年終わりまでに1日4ドル以下で暮らす貧困層が50%に膨らむと予想されているが、ゴーン被告のような不正を働いた特権階層は、彼らにとって憎悪の対象となり、危害が加えられることも否定できない。日本の司法制度から逃亡したゴーン被告は、レバノンで行き詰まったどっちらけ状態になっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5c7049bd03a04488661dc4f68fe80bc9585a4fe

日刊ゲンダイDIGITAL

みんなの意見


名無しさん
レバノンにも外交ルートを通じて引き渡しを打診したはず。だが、レバノンは突っぱねたから、今回の爆発の被害に対し日本から大したサポートも受けられないはず。外交とはそういうものだと思う。
返信40
名無しさん
自宅残ってましたよ。窓ガラスが数枚割れてビニールシート張られてる程度でした。
いずれにせよレバノンでの生活は存外過酷でしょうね。
返信34
名無しさん
日本に戻ってくれば鉄格子つきの家が用意されているじゃないか。ごはんも用意されていて仕事だって与えられる。言うことないのに。戻って来い!
返信21
名無しさん
逃亡直後、レバノンの方が日本よりも遥かに安全だと言ったり、自らの逃亡劇を映画化するなどと息巻き、余裕を見せていたゴーンでしたが、今やホームレス状態ですか。彼の波乱万丈の人生は彼が言ってたとおり、きっと映画化されることでしょう!彼が意図した映画は、日本の人権制度批判と自らの逃亡を正当化する内容に決まってますが、そんな内容とは正反対の金満、強欲なカリスマ経営者がレバノンに逃亡してホームレスに転落、「日本から逃亡するんじゃなかった。」と強く悔いるシーンが印象的な映画が必ず制作されることでしょう。(笑)
返信12
名無しさん
そんな家がなくなったくらいでアタフタする奴じゃないよ。狭いレバノンとはいえ郊外の一軒家を買ってすぐ落ち着いた暮らしをしてるでしょ。とはいえ、政情不安なレバノンから脱出する方法はそんなに多くないようだ。もう私財を擲ってレバノンを経済的に救い、国内で英雄になるしかないんじゃないだろうか。
返信11
名無しさん
ペーパーカンパニーをたくさん作ってあって
お金も流用させてあるから、困らないでしょ。
現金がおろせないだけで、夫婦とも
たくさん持ってるし、子供も持ってるだろうし。
国籍もいくつかある富裕層だから何の
心配もない。
いざとなったら楽器ケースに入って
ブラジルにでも行けばいい。
返信5
名無しさん
恐らくマネーロンダリング的な事を海外でしているからお金は腐るほどあるでしょう。また箱に入って逃亡するのか、またあっと驚く様な事をして欲しい。
返信16
名無しさん
金で得た仮初の安寧は、金が尽きれば消える。
金が潤沢でも、奪われる危険は常にある。
そこまで酷い国内情勢だと、金だけで安全は確保出来へんやろ。
不正で得たものは、いつまでも取り立ては続くよ。
返信7
名無しさん
いよいよゴーン被告も苦境に入っているようでレバノン以外の逃亡先が陸続きのトルコ、シリア、イスラエルとは何処も厳しい場所だ。
ゴーン被告に残された選択はこのままレバノンで不安定な生活を送るのか恥を忍んで日本で裁判を受けるかだが、後者の場合は逃亡罪が加わるので判決は有罪が予想され実刑は確実ではないのか?
ゴーン被告の希望としてはフランスかブラジルで優雅な生活やビジネスがしたいのだろうが、両国とも日本の友好国でありそれは叶わない。
数年前の優雅なセレブ生活から比べたらゴーン被告の今はまさに天国から地獄へ向かっているのかも知れない。
返信12
名無しさん
コロナ禍の中、海外移動が難しいに加えて、レバノンからの直行便のある国は限られるし、プライベートジェットも前回の件があるので引き受けてくれるところがないのではありませんか?
ブラジルへ逃げるのが一番安全かもしれませんが、下手なところで経由するとそこで逮捕される可能性があるので、恐らく動けないでしょう。
返信1
名無しさん
日本には因果応報という言葉があります。
今のゴーン被告はこの言葉がよく似合います。
レバノンで日本で行った罪の応報をしっかりと受け取ってください。
返信1
名無しさん
日産からネコババしたドル資産も、マネーロンダリングで米司法省に没収される可能性もある。治安が悪化して無政府状態になれば、ヒズボラやISに身代金目的で誘拐される可能性の方が大きいかも知れない。
返信0
ichi
日本政府が過去の功績に免じて、東京行きの救援チャーター機を用意してあげれば?
葛飾区の衣食住が完備したヘリポート付きのアパートメントに空室があるようだし。
返信2
名無しさん
いや、快適に過ごす方法がまだある。
そう、それは日本の刑務所という現在の彼からしたら極楽のような食事に事欠く心配のない場所に戻る事。
犯罪者ではあっても、人を殺した訳ではないから死刑はあり得ない。ISのようにいつ殺されるかの心配のない場所。
日本で刑期を終えて、金さえ払えば数年後には晴れて自由の身になれる。
日本の刑務所こそが、ゴーン氏にとっては唯一、心穏やかに暮らせる楽園ではないだろうか?
返信0
名無しさん
悪事を働けば罰が当たると昔から言われていますが、、、心を入れ替えた方が身のためでしょうな。日本の神様は怒ると恐いですよ。
返信0
ほんわか熊五郎
ブラジルがあるやろ…。
ブラジルではヒーロー扱いやで。
政治的に迫害されている主張する大富豪を受け入れる定番の国々も複数あるよ。
パナマ、モンテネグロ、カンボジアなどがすぐに思い浮かぶが、他にもあるだろう。
返信3
名無しさん
まあ家の一つくらい吹っ飛んでも、困らないくらいのお金は隠してあるだろうな。そのお金も難なく手元に用意するだろうね。国外脱出は無理だろうから、国内で悠々自適な生活環境を作るのかな?彼が手にしたお金も日産に戻る事もないだろうし、犯した罪の取り調べすらできずに寿命が尽きるんだろうね。
返信0
名無しさん
あれ?確かゴーンって郊外にワイン畑とか別荘とか持ってたはずですが⁈本当にベイルートを脱出したとしても田舎に避難しているのでは⁈
レバノンの惨事は言葉にもなりません。
ただ、筆者のベイルートをレバノンの全てととるような(通り一遍の情報をまとめただけだからそこかしこ間違えてる)文脈はいかがなものかと疑問を感じます。
実際にレバノンに行って取材することは不可能だとしても今の世の中色々な取材方法があるのではないでしょうか?
お金を稼ぐだけのためだけの記事は気持ちが入っていないので非常に不愉快です。
想像力を窄めるような視点のみではこの惨事を捉える資格はないと思います。
返信1
名無しさん
豪邸は普通に健在のようですし生活するには何も問題なさそうですけどね
問題があるとすればレバノンという国自体で政治腐敗、経済危機に加えて食糧難が加わり暴動寸前という事でしょう
略奪が始まれば政治家や金持ちの家が狙われる可能性は非常に高く、特にゴーンは大きくニュースでも取り上げられ邸宅の場所も割れています
国外に出られない以上はレバノン内での放浪生活もあるでしょう
返信1
mkb
大人しく日本にいて収監された方が安全かもね。収監されるよりマシだ!と海外生活続けるには茨の道となるだろう。
それともフランスに泣きつくのかな。
返信0
名無しさん
地方や郊外へ脱出しても、誘拐や強盗の対象になったり、金を無心されたりするだろう。
そもそも貧困国の郊外なんて、何もない。出家でもするような無欲な境地になるしかないけど、煩悩と俗の塊のゴーンに耐えられるかな?
日本はゴーンを引き渡さない限り、国交断絶状態でいいよ。
日本を怒らすとどうなるのか、を他の国にもわからせるチャンス。日本は舐められすぎているから、ちょうどいい。
返信0
名無しさん
どこにも逃げ出せないでしょうね。身柄をどこに拘束されるのがいいのかを考えているところでしょう。
日本はレバノンに対してなにもする必要はない。ゴーン引き渡しに外交上のNoをしてきた国。どうなろうが知ったこっちゃない。
返信0
名無しさん
ゴーンのおくさんがしたり顔でレバノンでワインを飲んでいた姿を思い出す。ニヤニヤしていて。
悪いなんて欠片もおもっていないようだった。
日本は治安が良く清潔でご飯は美味しいし優しいし..
私利私欲が過ぎると居場所がなくなる
イスラエルは怖いしトルコは親日だし、日本人は長い時間をかけて、信頼を見返りなく誠意からしてきた。道義を大せつにしてきた。ゴーンは演説は上手いみたいだけど、大切な人の信頼を裏切った。神のみぞ知るだね。
返信0
名無しさん
近所で大爆発が起こり、抗議デモで死傷者が出て食料不足の懸念すらある
そんな環境に比べたら日本の刑務所の方が随分安全で快適だと思いますが、まさに自己責任としか言いようが有りませんね
返信0
名無しさん
まず、ゴーンの自宅ては有りません。日産が所有しゴーンが不法占拠していて立ち退きを訴えていた不動産です。日本政府は逃亡先の国に引き渡しを求め圧力をかけるべきだな!トルコは捕まえるだろうし、イスラエルも可能性が有る。シリアはゴーンの金でどうにかなる国でシリアが現実的だろう。レバノンにのこれば、反政府デモが頻発していて、政権交代もあり得る。その政権はイスラエル入国の罪をゴーンに問うて欲しい。他に逃げるとしたら、金でどうにかなる腐敗にまみれた国だろう。
返信0
名無しさん
自宅じゃなく日産の社宅でしょ?
あと、日本はもし援助するなら、交換条件として、ゴーン氏の引き渡しを要求すべき
返信0
名無しさん
罰は当たるものだね。カネがあれば何でもできると思いあがる愚かさ、まあじっくり体験してください。ゴーンをもっともらしい顔で弁護しようとした弘中とか高野といった人たちは
最近音信不通ですね。都合の良い時だけは外国特派員協会で喋り捲るが、不都合とみると
沈黙は金ですかね。
返信1
名無しさん
コメントを見ているとレバノンと言う国を理解している人が少ないと思う。
レバノンは日本人が思う国家とは全く違う。
レバノンの与党はイスラム過激派武装組織のヒズボラであり、過激派武装組織が国を運営している。
この大前提を理解している人が少ないと思う。
ゴーンの件も外交ルートでなぜ戻せないと言う人が多い印象だが、過激派組織と日本政府が話し合うこと自体無理な事。
そもそも日本もアメリカも制裁対象にしている。
そことの話し合いはそもそも無理。
返信0
名無しさん
豪邸が粉々なの?窓が割れた程度だという報道がほとんどだけど。
現代を嫌いじゃなかったけど、最近は事実歪曲が酷いように思える。正直残念メディアになっちゃった。
返信0
名無しさん
生涯有り余る財産を背景に妻と祖国レバノンで自由に贅沢に余生を過ごすつもりが安全と信じた祖国で避難民になるとは思いもしなかっただろう。
これは日本に戻り裁判を受けて罪の清算をするように促した神の試練なのかもしれない。
罪の清算を終える頃には祖国も再建できているかもしれないが、腐敗した国家では援助物資や支援金が市民国民にそのまま届かず、市民生活の復旧もG7諸国のように速やかにいかないことが気がかりです。
返信0
名無しさん
今後も逃亡したことに対するしっぺ返しをいろいろ受ければいい。また日本のワイドショーなり週刊誌なり騒がせる日が来るから。いまのうちに逃げて逃げて、限られた時間で豪遊すればいい。
返信0
名無しさん
レバノンがやばくなったらこの悪党はまた逃げるぜ。
当然、行先は複数の候補を考えているはずだ。
日本としてはレバノン政府に対し、ゴーンの身柄送還を条件に爆発の復興援助金10億ドル程度を申し出てほしい。
野郎が戻ってきたら、10円だけ送金するのだ。
レバノンが文句言ってきたら、「援助は10円だ。お前ら犯罪者の違法出国を幇助し、その後も匿ってきただろ。残金の9億9千9百99万9千9百ドルはそのペナルティとして没収する。その他の借款もとっとと返せよ、こら。日本をナメすぎだ。」
と返せ。
外交とはこのくらいの喧嘩をしないとダメだ。
返信0
名無しさん
AFPの記事で8日のゴーン氏宅外観の画像が配信されてます。
ほぼ外見的な被害は有りません。
ただ、爆発直後は周辺も瓦礫(反対側ビルの外壁が大きな被害)が
酷かったそうです。
返信0
マラソン人
一念発起、レバノンリバイバルプランをぶち上げ政治家になってレバノンの復興の舵取りをしたらどうだろうか?
返信2
名無しさん
回りまわって、過去の行いが己に降り掛かるものだ。
もう彼を救える国もないし、お金がモノを言う国でしか生きられないだろう。
あんなに、影響力があったのに勿体ないと思うが、ハイリターン、ハイリスクの人生だったのだと思う。
昔の日本人は、畳の上で死にたいという言葉を聞いたことがあるが、この人は成れの果てで死ぬんだろうな。
返信0
名無しさん
ゴーンへの評価も時間とともに変わってきた。日本は人権無視の裁判で悪者扱いされたが今は逆にゴーンを特別扱いしなかったと評価されている。逃亡されたのは間抜けだけど。昔の貧しかった頃を身体で思い出して欲しい。そしてコストカットで身を引いた企業の悔しさを少しでもわかってもらいたい。
返信0
名無しさん
誰かしら面倒見てやる富裕層の友人がいるだろうから、今度はブラジル辺りに逃げるのではないだろうか。自動車のガラスは防弾仕様が当たり前、家の前の歩道で下車して玄関の扉をくぐる数歩の間に強盗・誘拐に合うような国だという話だけれど、今後内戦状態にもなりかねないレバノンに残るよりはマシかも。ブラジル大統領はあの通り、経済のためなら形振り構わない人だし。
返信0
名無しさん
こういう時にインタビューに行かなきゃ。ホリエモン!時期を完全に間違えたね
返信1
名無しさん
幸福の別の名は悪徳である。ソクラテスの逸話にある言葉だ。最初、意味が分からなかったが今なら何となく判る。自分の幸福ばかり願っても誰も幸せにならないという意味だろうか。せめて願うなら人の幸せだろう。因果律からは誰も逃げられない。悪いことはするもんじゃない。
というわけで、いってらっしゃい。
返信0
名無しさん
どんな犯罪を犯しても、逃げれば何とかなる事を証明してくれた人。
今後犯罪を犯す場合、その点もしっかりと考えて実行すれば良い。
ほんの少し、バレるまでの時間を保てれば、何とかなるみたい。
その為にもお金はしっかりと貯め込まないと。
本当は許したくないけど、許せる仕組みがある事は利用するのは当たり前。
返信0


PDF