世界を駆けてきた、漫画家で文筆家のヤマザキマリ氏。1年の半分を東京で、残りの半分を夫の実家であるイタリアで過ごしているが、コロナ禍で約10カ月、東京の自宅に閉じこもることを余儀なくされているそう。そのときの経験を基に綴ったのが、新著『たちどまって考える』(中公新書ラクレ)である。ヤマザキマリ氏が暮らすイタリアでは、中国人が多い北部地域から感染拡大が広がり、医療崩壊まで引き起こす事態になるも、少なくとも周囲のイタリア人は、中国への反感を何ら抱いていないという。その意外な理由とは、何だろうか。 ● 人との距離が近いイタリアと 遠い日本の「異なる生活習慣」  イタリアやブラジル、そしてアメリカなど、新型コロナウイルスは世界中のあらゆる国の人々の間に容赦なく広がっていますが、その傾向を見ていると、日常における人との接触が濃厚なところほど感染が拡大しやすいのではないかということが、気になり出しました。  なぜ、感染が著しく拡大した国とそうでない国があるのか。たとえば、感染拡大が比較的抑えられ続けている日本と対比してみても、欧米では日本のように普段からマスクをする習慣がなく、「やれ抗菌だ、やれ除菌だ」といった衛生への神経質さもない、ということも要因の1つになっているのではないかと思うのです。そういったことを考え合わせてもなお、人と接触することの多い文化圏の人たちにとっては、つくづく相性の悪いウイルスだったと言えるでしょう。  たとえばイタリアの人たちは、恋人や夫婦に限らず、誰とでもくっつきたがる性質があるように思います。うちの義父母や義妹、隣人や友人も、私とは頻繁に抱擁を交わしますし、出会ったときと別れるときには必ず頬にキスもする。人間同士の接触に慣れていない人種には違和感を覚えるところでもあるのですが、彼らにとってはいちいち意識にとめていない、ごく当たり前の振る舞いなのです。  習慣化しているとしても、とにかくCovid-19は人間同士の接触や会話によってどんどん感染するウイルスなわけですから、人に近づかなければ感染はしないわけです。至極単純なことです。  日本ではまず夫婦間でも不必要にベタベタすることはないし、親子でも頻繁に抱き合ったり頬にキスをしたりしません。街角で知り合いにあって抱擁したりキスをしたりすることもなければ、握手ですらそんなに頻繁には交わしません。

満員電車の中でも皆じっと黙り続けていますから、おしゃべりによる飛沫が閉鎖空間の中で散らばることもない。もっとも、感染の要因に関しては、このパンデミックのすべてが終わって何年か経たなければわからないことかもしれないですし、人間同士の接触云々よりも、人種における生物学的な理由が大きく起因しているのかもわかりません。だとしても、人と人が常に触り合っている国民と、人に触られたがらない国民では、風邪やインフルエンザ同様、感染者数に差が出るのは当然ではないかと思うわけです。 ● 人間らしいつながりを持つ国ほど 新型コロナでダメージを受けている  3月から4月にかけて、イタリアでうなぎ上りに感染者数や感染死者数が増えていくのを見ながら、私は彼らの日常生活の習慣に強い懸念を感じました。ちょうどその頃、舅から友人のお葬式に行って何十人もの人たちと、知らず知らずのうちに挨拶代わりの抱擁を交わしたという話を聞き、「危ないじゃないですか!」と漏らすと、「あんな悲しい場で、抱き合って慰め合うなというのか」と反論されました。そのとき私は、イタリアにおける感染拡大とこの国民性との間の深い関わりを感じたのでした。  家族の結びつきの強さや人との距離の近さが感染率を上げているとなれば、新型コロナウイルスは、とても非情でタチの悪いウイルスということになります。この世知辛い世の中において、人間らしいつながりを重視する文化習慣を持つ国ほど、大きなダメージを被ってしまうわけですから。  脳科学者の中野信子さんとの対談のときに出た話題ですが、色々な国の事情を見ていても、多方面に興味が旺盛で、視野を広げたいと考える行動パターンを持つ人のほうが、感染症にかかる確率が高くなるそうです。まあ、もっともなことです。年間何十回も飛行機に乗って移動し、国内外の様々な文化圏を旅することを人生の燃料としてきた私など、いくらでも病気に感染する確率は高くなるでしょう。実際、ワクチンを摂取しないでいると、その年に流行るインフルエンザは全て、旅先か飛行機での移動中にかかっていました。  つまり、行動意欲が少なく人付き合いも悪い人には、今回のウイルスは関心を示さないということになります。現代社会のあり方の象徴のようなウイルスです。

● なぜイタリア北部で感染爆発が? 現地で暮らして見えた中国との蜜月  「頬へのキス」のような濃厚接触が挨拶になっているのは、もちろんイタリアだけではありません。フランスやスペインにしても、アメリカやブラジルにしても、家族間や友人など人間同士の濃厚接触が生活習慣の中にあります。なのに、なぜ中国に続いてイタリアが、しかも北部だけ、あれほど急激に感染爆発を起こしたのか。  その状況について、イタリアの報道でも適切な推察や説明をしてくれる人がなかなか現れず、非常にもどかしい思いをしていました。私はウイルス感染に関しては門外漢ですが、北イタリアに長く住み、飛行機で頻繁に行き来する立場にいる人間として、イタリアと中国との関係で見えていることがあったからです  イタリア北部で起きたパンデミックにつながるあれこれは、私がイタリア中部のフィレンツェに留学していた1980年代半ばにはすでに始まっていました。中国国内で鄧小平がリーダーシップを発揮していた時代です。当時、改革開放路線の政策が一気に進み、中国の市場は開放され、そこから海外との貿易が盛んになり始めていましたが、その中国の状況と反比例するように、イタリアの経済は脆弱化していきました。そしてその傾いたイタリアに、海外への進出を狙う中国企業が介入し始めたのです。  私は油絵と美術史の勉強を続ける傍ら、貧乏な彼氏との生活を回らせようと、商売を始めました。覚えているのは、そのときの取引先がどんどん中国の資本に変わっていったことです。フィレンツェ近郊のプラートは、織物産業や皮革産業で有名なルネサンス時代から続く古都なのですが、そのプラートに革製品を仕入れに行くたびに、地元の工場の経営者が中国人に代わっていました。今から約30年近く前のことです。  未婚のまま子どもができたことで、貧乏な彼氏とは別れて一旦日本に戻り、しばらくして今の夫と出会って結婚したわけですが、再びイタリアに戻ってきたときには、イタリア北部には以前にも増して、中国の影響力が広がっていました。  たとえば、夫の知り合いのイタリア人が経営する自動車部品工場やセラミック関連工場は、逆に中国に移転していました。それは、中国で製品をつくってイタリアに持ち込んだほうが、コストはずっと安くつくからです。しかも、彼ら曰く「中国製品はもう『安かろう、悪かろう』じゃないんだよ。逆にイタリアでつくると『高かろう、悪かろう』になってしまうんだ」とのこと。中国での生産請け負いの拡大は、もう歯止めが利かない状態になっていました。

 北イタリアのロンバルディア州、ヴェネト州、エミリア・ロマーニャ州などの6州には、イタリア経済の半分を支えるとされる中小企業や工場が集中しています。その地域にある企業が、こうした流れの中で中国と密接な関わりと依存を強めていき、現在に至るまでイタリア経済における中国の存在感が薄まることはありません。  日本からヴェネト州のパドヴァにある我が家へ戻るとき、日本からの直行便がないので、大抵フランクフルトやパリ、ロンドンといったハブ空港で乗り換えて、最寄りの空港であるヴェネツィアに向かうのですが、いつの頃からか飛行機のビジネスクラスは、いつも観光客ではない中国人で占められるようになりました。  「なんでこんなに中国のビジネスマンが」と最初こそ驚きましたが、それだけ北イタリアと中国の都市はビジネスの関係が濃厚で、人の往来も頻繁になっていたのです。このように、イタリアと中国の浅からぬ関係性は、普段の当たり前の暮らしの中ですら実感することが多々あります。  たとえば、パドヴァの家で過ごしている間に舅から、「今度の水曜日、僕の友だちの事業主の家でパーティがあるから、マリも一緒に行こう」と誘われて行けば、ビジネス目的で滞在しているという中国人に会うことが珍しくありません。 ● イタリア全土で中国人が増え 大半が北部に集中している  実際、パドヴァからそう離れてもいない観光都市であるヴェネツィアでは、カフェやレストランといった飲食店の多くが中国人たちに買収されています。オーナーが中国人だといっても、お店の見た目は従来のイタリア式ですから、街を観光客目線で歩いている分にはそんな内部の変化に気がつくことはありません。今現在イタリア全土には約30万人の中国人が暮らしていますが、その大半が北部に集中していると言われています。  ちなみに、8月のイタリアの報道では、ミラノの住民登録簿において、イタリア姓の数を中国姓の数が上回ったということが話題になっていました。これだけでも、ミラノやロンバルディア州全体にどれだけ中国人が多いのか、その現状がうかがえると思います。

● 現代のパンデミックと 経済の密接な関係  さらに遡れば14歳のとき、初めてのヨーロッパ旅行で偶然出会ったマルコじいさん(今の夫であるベッピーノの祖父)の友人で、イタリア在住のイギリス人社会学者が、「そのうち、中国が世界を席巻するほどの経済力をもつ日がくるから、ビジネスを目論むやつは中国語を今から学んでおいたほうがいい」と周りに話していました。イタリアに来て間もない10代の私には、何でそのイギリス人がイタリアに暮らしながらもやたらと中国を推すのか、さっぱりわかりませんでしたが、彼にはこうなることがわかっていたわけです。  資金繰りに困った工場が中国人に買収され、北イタリアに“中国の街”ができ始めた頃、確かにイタリア人にも中国への怨嗟のような感情があったのを覚えています。義父の友人で企業を運営しているような人はたいてい「憎たらしいチネーゼめ、奴らに支配されてたまるか」とあからさまに不満と怒りを吐露していました。  しかし、今回のパンデミックに際して驚いたのは、イタリア国内で「中国に出張に行ったイタリア人が帰国後、会食した相手に最初に感染させた」ことが確認されても、中国に対するネガティブな感情がメディアには見られなかったことです。ましてアメリカと中国のように、戦争を仕掛けそうな勢いでの政府同士の中傷合戦もありません。  悪感情がないどころか、医療崩壊が起きた後、キューバと並んで中国からも医療団が送られてきたことに、「いやあ、中国からあの人たちが来てくれて本当に助かっているよ」とうちの義父も電話越しに感謝を示していました。「あの人たちは武漢で経験を積んできているから、頼もしいんだ」と、その声はむしろ期待に満ちていました。  日本でこの話をすると「危ない。イタリアは中国に飲み込まれつつあるのでは」と警鐘を鳴らす人もいます。テレビの報道番組に出てこの件について触れると、皆イタリアの冷静さに驚いていました。  でも実際、今のイタリアは中国に頼らなければ経済が成り立たないし、もう他に手段がない。そう考えると、今という時代に発生するパンデミックには、経済というものが今までにないレベルで密接に関わっているということを、痛感させられます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e42ca7a762eacf376c7e0bf626fc9e11207750b6?page=2

ダイヤモンド・オンライン


PDF