【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は21日、新型コロナウイルスの新規感染者が急増しており、先週には1週間当たりで過去最多となる200万人弱を記録したと発表した。世界中で感染拡大が加速していることがうかがえる。一方、週当たりの死者数は減少したという。 【図解】世界のコロナ感染、3千万人超える AFP集計(2020年9月18日現在)  WHOは21日夜、20日までの1週間に、世界全体で計199万8897人の新規感染者が報告されたと明らかにした。  これは前週比で6%増となり、WHOは「同ウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、1週間に報告された数としては最多」だとしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/34232e25204ac9e2fb58cf905053d8aa6031c628

AFP=時事

【関連記事】


PDF