(CNN) 横浜にこのほど、名作アニメ「機動戦士ガンダム」を基にした巨大ロボットが登場し、動作を確認する試験が行われた。 【画像】世界の巨大航空機10選 「機動戦士ガンダム」は1970年代後半から放映された人気テレビシリーズ。横浜に登場した巨大ヒューマノイドは同番組のロボットにそっくりで、21日に投稿された動画では、歩く、ひざをつく、指でジェスチャーを示すといった動作が確認できる。 ロボットの建造が始まったのは2014年。完成後のサイズは高さ約18メートル、重さ24トンに上る。建造を手掛けた企業によると、鉄と炭素繊維補強プラスチックの混合素材で作られた200以上のパーツを使用したという。 このロボットは当初、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」と呼ばれる新アトラクションで披露され、ファンは至近距離から見物したり、建造方法について学んだりできる予定だった。 オープンは今年10月を予定していたが、新型コロナウイルスの流行を受けて延期が決まった。 会場運営に当たる企業は声明で、延期の決断について「新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、お客様、従業員および関係者の皆様の安全確保を考慮しての判断となる」と説明。オープンを楽しみにしていたファンに謝罪するとともに、延期に理解を求めた。 本オープンの時期については「年内」をめどにすると述べ、ウェブサイト上で詳細を発表するとしている。


PDF