[22日 ロイター] – ロイターの集計によると、欧州で報告された1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が10日間で2倍以上に増加し、22日に初めて20万人を超えた。多くの南欧諸国が今週、過去最多の新規感染者を報告している。 【グラフィックで見る】世界における新型コロナウイルスの感染状況 欧州の1日当たり感染者数は10月12日に初めて10万人を超えていた。 累計の感染者数は約780万人、死者数は約24万7000人となっている。 欧州では22日、イタリア、オーストリア、クロアチア、スロベニア、ボスニアなどの新規感染者数が過去最多を記録した。 欧州全体の1日の感染者数は、インド、ブラジル、米国の合計を上回っている。感染第1波と比べて検査が大幅に拡充されたことも、感染者数増加の一因となっている。 世界全体の感染者数は約4140万人、死者数はおよそ110万人。ロイターの集計によると、21日の世界の新規感染者数は過去最多の42万2835人に上った。 欧州は現時点で世界の感染者数の約19%、死者数の約22%を占めている。 西欧では、フランスの新規感染者数が22日、過去最多の4万1622人を記録した。7日平均は欧州最多の2万5480人となっている。 ドイツでも新規感染者数が初めて1万人を突破。このほか、オランダが22日発表した新規感染者数は9000人を超え、過去最多を記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/654de919928f7538aa33e552736e101eba285757

ロイター

【関連記事】


PDF