【AFP=時事】英紙タイムズ(Times)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)英首相が全国的なロックダウン(都市封鎖)の再開を検討していると報じた。 【写真】英ロンドン塔のカラス ロックダウン後の新生活  同紙によると、ジョンソン氏は11月2日に記者会見を行い、市民生活に必要不可欠な商店や学校、大学を除く全ての施設を閉鎖するよう求める新たな規制を発表する見通し。  英国では感染拡大が続いており、科学諮問委員会が30日に発表した報告書によるとイングランド全域で新型コロナウイルスが「著しい」速度で拡大しており、入院患者数は7月に策定された「最悪の」シナリオを上回るペースで増加している。  また、10月中旬には新規感染者数が7月の報告書で予想された数のおよそ4倍に上り、冬の間に8万5000人以上が死亡する可能性もあると委員会は指摘している。  英国では過去28日間で陽性判明者4万5000人以上が死亡しており、欧州で最も感染拡大の影響が出ている。英国統計局(ONS)によると、イングランドでは1日の新規感染者数が5万2000人近くに上っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73e975434677e9665bd4ff48168290edf22aee36

AFP=時事

【関連記事】


PDF