米国務省は4日、中国政府が資金を提供する文化交流事業五つについて、プロパガンダのツールと断じ、打ち切ると発表した。 【写真】オバマ氏ら歴代米大統領とバイデン氏、コロナワクチン公開接種に名乗り  マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は、相互教育文化交流法(MECEA)と呼ばれる米国法に基づき実施されてきたこうした事業について、「文化交流」に偽装されたプロパガンダだと指摘。「MECEAの庇護の下に資金提供を受けた他の事業は、双方にとって有益だが、問題の5事業はソフトパワーを用いたプロパガンダのツールとして、中国政府が全額を拠出し、運営するものだ」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/387264b7817ee98c365cd6e7c158f71dd03b1941

AFP=時事

【関連記事】


PDF