新型コロナ禍で「海外移住の方法」を検索する人が増えているという傾向が、海外送金サービス会社「Remitly」の調べで明らかになっている。 【画像】世界地図で見る、各国が移住したい国 移住先として2番目に人気があった国が、日本だった。 Remitlyが、世界移住したい国・働きたい国ランキングを発表した。 Remitlyによると、2020年1月~10月の期間で、海外移住の方法を調べるGoogle検索は、世界規模で約29%増えたという。 Remitlyが、101の国・地域に住む人たちの検索データから、海外移住について調べる際によく使われるワードの月平均検索量を分析。移住先としてもっとも検索された国のランキングを作成した。 トップ10は次の通り。 ※()内の数字は、その国への移住を望む人の割合が最も多かった国の数 1.カナダ(30) 2.日本(13) 3.スペイン(12) 4.ドイツ(8) 5.カタール(6) 6.オーストラリア(5) 7.スイス(4) 8.ポルトガル(3) 9.アメリカ(2) 10.イギリス(2)

日本を選んだ13カ国は?日本人が移住したい国は?

このランキングでは、101カ国がそれぞれ、移住したい国を選んだ形になっている。 日本は、選んだ13カ国はどこなのか。ランキング1位のカナダも、移住したい国として日本を選んでいる。 日本を選んだ国:カナダ、アメリカ、モンテネグロ、ジョージア、ネパール、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、インドネシア、フィリピン、台湾、オーストラリア 日本が選ばれた理由として「おそらく、安全な国と評判が高いことや仕事の機会、生活レベルのおかげ」と分析している。 当の日本はというと、そこまで人気のないイギリスを選んでいる。 大陸・地域別の主な傾向は次の通り。 ・アフリカ、中米⇒カナダ ・アジアや北米⇒日本 ・南米⇒スペイン ・ヨーロッパ⇒ドイツ、スペイン ・中東⇒カタール 選ばれた要因として、身近な地域であることや言語や文化が似ている点に加えて、医療や安全性標準の高さ、生活レベルなどが挙げられている。 また、ロシアは何かと緊張関係にあるアメリカを選んだ。 お互いが相手の国に移住したいと思っている、相思相愛な国々は、ドイツとスイス、ニュージーランドとフィジー。 幸せな国とされる北欧のフィンランドとスウェーデンが、いずれもスペインを選んだのは、やっぱり暖かいところに住みたいからかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1179e9811a2d23b3ff7bd73ef75c6dc4c7d28e30

ハフポスト日本版


PDF