韓国の文在寅大統領が苦悶している。直近の世論調査(12月10日発表)によると、文大統領の支持率は、前週より0.3ポイント下落し、37.1%と就任後最低を更新した。不支持率も0.8ポイント上昇し、過去最悪の58.2%だった。 【画像】「北方領土はロシア領」!? 韓国の次期駐日大使・姜氏が北方領土に上陸した際の写真

 そんな苦境の文大統領が、日韓関係改善に向けて“白羽の矢”を立てた次期駐日大使が、姜昌一(カン・チャンイル)氏だ。韓日議員連盟会長も務めた“知日派大使”と報じられているが、日韓双方の関係者からその言動を不安視する声が聞こえてくる。姜氏と面識のある韓国の対日関係専門家は、次のように指摘する。 「内定発表当初から“知日派”“日本の政界に通じている”と日韓のメディアで持ち上げられ、姜氏本人はやる気満々。栄転だと喜んでいますが、これまで彼の言動は、対日問題でも“二枚舌”などと批判されてきました」  彼の経歴と、問題になった言動とはどんなものだったのだろうか。

「北方領土はロシア領土」と発言?

 姜氏は1952年、韓国南西部の済州島で生まれた。ソウル大学を卒業後、東京大学大学院に留学し、修士と博士の学位をとった。本来は歴史学者で、2001年にソウルで行われた日韓首脳会談での合意に基づき開始された「日韓歴史共同研究」の第一期研究(2002年~2005年)にも研究員に選ばれ、参加している。  彼が政界に足を踏み入れるのは、その研究期間中だった2004年のこと。共同研究から離脱する形で国会議員選挙に出馬し、初当選した。以来、今年5月まで国会議員を4期務めた。韓日議員連盟の会長も歴任し、現在は名誉会長の立場だ。  議員当時の姜氏の行動が、日本で最初に取り沙汰されたのは、2011年5月のことだった。

 姜氏は他の議員2人と、日露が領有権を争う北方領土の国後島を、ロシアのビザを受けて訪問したのだ。その際、「北方領土はロシア領土」と報道陣に述べたとされる。当時、姜氏は韓日議連の有力メンバーで、日韓領土問題の専門家という売りだった。韓国政府は、日露の対立には「不介入」の立場であったが、姜氏らの行動を黙認していた。  この訪問の意図は明らかだった。日韓が領有権を主張する島根県の竹島(韓国名・独島)の支配強化のために、北方領土を実効支配するロシアの状況を視察しようというわけだ。当然ながら、日本政府から強く反発される事態となった。

慰安婦問題についての発言でも話題に

 ふたたび姜氏の言動が注目されたのは、昨年2月。当時、国会議長だった文喜相(ムン・ヒサン)氏が、天皇陛下に慰安婦らへの謝罪を要求する発言をしたときのことだ。  この際、姜氏は日本メディアのインタビューに応じて、「天皇に元慰安婦を慰問してほしいという趣旨だった」と説明した(その後、「文議長の考えを説明しただけ」と釈明)。また、慰安婦問題に対し安倍首相(当時)が「誠意ある謝罪をしっかりしていない。真の謝罪ではない」と主張した。  慰安婦問題については、ほかにも釈然としない言動があった。  今年5月に元慰安婦支援団体の「正義記憶連帯(正義連)」と、前理事長の尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員に寄付金の流用と横領、背任、詐欺などの疑惑が浮上した際には、「(正義連と尹氏に対する)不当な攻勢を止めろ」という声明を連名で発表。「正義連の30年間の努力を尊重、高く評価する。日本軍性奴隷(慰安婦)問題解決に力を尽くしてきた団体、個人を冒涜してはいけない」とまで主張していた。  ところが、韓国国内で尹氏らを批判する世論が高まると、「国民に釈明し謝罪せよ」と発言を一転させた。

“日和見主義”という批判も

 このように置かれた立場や状況で言動をコロコロと変えたため、姜氏については、先述の通り、韓国国内でも“二枚舌”“日和見主義”という批判が絶えない。 「立ち回りがある意味巧妙で、かつ政治的なため、韓国では『学者なのか、政治家なのか、単なる俗物なのか』との冷めた見方もあります」(前出・韓国の対日関係専門家)

 現に今回の駐日大使内定後、韓国駐在の日本メディア数社の記者に対して、国後島訪問の際に「北方領土はロシア領」と述べたとされることについて、「ロシアに奪われ、占領されたという趣旨で述べたが、うまく伝わらなかった」と釈明し始めている。

「3度目の正直」となるのか

 姜氏は、文政権下で悪化を極めた日韓関係を改善させる役割を果たせるのだろうか。  2017年の文政権発足後、駐日大使には学者の李洙勲(イ・スフン)氏と現大使で外務官僚出身の南官杓(ナム・グァンピョ)氏が赴任した。特に南大使は日本勤務の経験もあって人柄もよく、着任前から日本側での評判は良かった。  2人と姜氏の違いは、彼が文大統領に近い、いわゆる「文在寅派」ではないことだ。日本では誤解されているが、本人もそれは断言しており、文政権を批判したこともある。機を見るに敏な姜氏は、そのことも日本の世論に対して“売り”にしているところもある。  文政権のこれまでの3年間、日韓関係は悪化の一途をたどった。日韓の外交関係者によると、その原因の1つが、東京の韓国大使館と大統領府(文大統領)の意思疎通が上手くいっていないことを挙げる。日本側が持っている韓国に対する考えが、うまくソウルに伝わらないというのだ。  文大統領が送り出す3人目の駐日大使となる姜氏は、「3度目の正直」となるのか。姜氏に求められるのは、日韓関係改善に向けて日本側も納得できる方策を文大統領に伝えることだろう。姜氏はさっそく、その最前線に立たされることになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0bc3ff549766eaac345ebb910a1dac7a9bdf5b9?page=2

文春オンライン


PDF