【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は16日、検察と対立してきた秋美愛(チュ・ミエ)法相が同日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に辞意を表明したと明らかにした。文政権の疑惑捜査を進める尹錫悦(ユン・ソンヨル)検事総長に対する秋氏による懲戒申請を受け、法務省の懲戒委員会が16日に尹氏の停職2カ月を決定。その結果を報告する中で辞意に触れた。  文氏は懲戒決定を即日裁可し、処分が実行された。秋氏と検察の泥沼の対立は、文氏の支持率にも悪影響を与えており、検察トップの一定期間の排除が決まったタイミングで、事態の幕引きを図ろうとしたとみられる。  文氏は「秋氏の推進力と決断」がなければ、検察改革は不可能だっただろうと秋氏の功績を評価した上で、辞意を受け入れるかについては「熟考して判断する」としているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/80b18ea74f88f9c39a456af7d8cd67cefe7d5145

産経新聞


PDF