米Twitterは、バラク・オバマ政権が2015年に開設した米大統領とホワイトハウスの公式Twitterアカウント「@POTUS」と「@WhiteHouse」のフォロワーを、次期大統領のジョー・バイデン氏に引き継ぐ際、現在のフォロワーをリセットすると米Wall Street Journalが12月22日(現地時間)に報じた。バイデンチームのデジタルディレクター、ロブ・フラハティ氏がツイートで抗議した。 オバマ前大統領の投稿は@POTUS44として保存されている  @POTUSは米大統領(President of The United States)の公式アカウントで、オバマ氏から現在のドナルド・トランプ大統領に引き継いだ際はフォロワーもそのままだった。ただし、移行ミスで56万人が意図せずフォローしてしまい、苦情が殺到した。

トランプ氏は@POTUSとは別に個人としての公式アカウント「@realDonaldTrump」を持っており、自分で投稿する際はこちらを使っている。その中の一部(おそらく問題のない発言)が@POTUSでRT(リツイート)されている。  Twitterはこの件について、米The Vergeなどに対し、現在アカウント移行についてバイデンチームと話し合っていると語った。  公式アカウントの引き継ぎは、新大統領の就任式が開催される2021年1月20日に行われる見込みだ。なお、これまでトランプ氏が第45代大統領として@POTUSでツイートした投稿は「@POTUS45」として保存される。  本稿執筆現在の公式アカウントのフォロワー数は以下の通り。 ・@POTUS:3321万人 ・@WhiteHouse:2603万人 ・@realDonaldTrump:8858万人 ・@JoeBiden:2169万人

https://news.yahoo.co.jp/articles/7da27fb9bfe58793a1e7aeda9c041a3a1ebb80d1

ITmedia NEWS

【関連記事】


PDF