【ヨハネスブルク=深沢亮爾】新型コロナウイルスの変異種が流行している南アフリカのズウェリ・ムキゼ保健相は、「南アで確認された変異種が英国のものより感染力が強いという証拠はない」とする声明を発表した。南アの変異種がより強力との見方を示した英政府への反論で、両国の主張が対立している。  声明は24日付で、ムキゼ氏は英国が南アからの渡航制限に踏み切ったことについても「利益よりもリスクが大きい。国際的な人の移動の維持と変異種の抑え込みは両立可能だ」と批判した。経済が低迷する南アは10月に国外観光客の受け入れを再開している。  両国では感染拡大が続き、南アの1日あたりの新規感染者数は23日から3日連続で過去最多を更新している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/65d32efaf2f3297f1946b11cb48bdcce9ec48800

読売新聞オンライン


PDF