【北京共同】北朝鮮の公式メディアが27日までに伝えた今年の金正恩朝鮮労働党委員長の動静は約50件で例年と比べて激減、年間の件数としては過去最少となる見通しだ。新型コロナウイルス感染を警戒し、活動を控えたとの見方が多い。  海外の無線放送などを分析しているラヂオプレスによると、今年の動静報道は27日正午時点で計53件。金氏が最高指導者として実質的活動を始めた2012年以降、100件を下回ったのは初めて。昨年は113件だった。  分野別では、党会議や被災地視察など国内関係の34件(64.2%)が最も多く、兵器実験や訓練視察など軍関係は昨年から半減し15件だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73bec82eb21f8e55b259ec08fc5b6743b9b36b8b

共同通信


PDF