(CNN) トランプ米大統領は1日午後、ツイッターで上院共和党ナンバー2のジョン・スーン院内幹事(サウスダコタ州選出)を「口撃」した。大統領の任期が終わりに近づく中、トランプ氏は身内の共和党に矛先を向けている。 【画像】上院共和党ナンバー2のジョン・スーン院内幹事 トランプ氏はフロリダ州の別荘で休暇を過ごした後、予定を切り上げてホワイトハウスに戻った。スケジュールに公式行事は入っていない。 ツイッターでは2022年中間選挙の上院予備選に触れ、「サウスダコタ州の偉大なクリスティー・ノーム知事が名ばかりの共和党員であるジョン・スーン上院議員に挑むところを見たい」と言及。「彼女なら米上院で素晴らしい仕事をするだろうが、クリスティーでなくても他の候補がすでに出馬に備えている。サウスダコタ州は強いリーダーを必要としている。今すぐにだ!」と述べた。 トランプ氏は今週、共和党指導部全体に対して批判を繰り返してきたが、今回は名指しに踏み切った。スーン氏は大統領選をめぐり選挙人投票の結果やバイデン次期大統領の勝利を受け入れる姿勢を示しており、トランプ氏の怒りを買っていた。 トランプ氏は退任が今月20日に迫る。6日には連邦議会の上下両院合同会議で選挙人投票の結果が正式に認定される見通しで、トランプ氏を支持する一部の議員は選挙結果を覆す根拠のない動きに加わる構えを示している。 当日は下院共和党の議員140人に加え、上院共和党のジョシュ・ホーリー議員(ミズーリ州選出)も、トランプが敗れた重要州の選挙人投票の集計に反対する可能性がある。トランプ氏は12月31日夕のツイートでホーリー氏を称賛した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb73692ff5c4f64e7c8644a0646b97630b588139

CNN.co.jp


PDF