[ロンドン 4日 ロイター] – 英国で4日、同国の医薬品大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンの接種が始まった。 同ワクチンの接種は世界初で、第1号となったのは腎臓病で透析療法を受けている82歳の男性。オックスフォード大学病院で4日朝に接種を受けた。 英国は昨年、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの接種を開始。すでに100万人以上が接種を受けている。 アストラゼネカのワクチンは2-8度で保存ができ、ファイザーのワクチンよりも配布が容易。英政府は1億回分を確保している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b2a79e044ecdd263832260a9540da4251ef4535

ロイター

【関連記事】


PDF