中国でスパイ罪に問われた日中交流団体の理事長ら日本人2人の懲役刑が確定したことが、関係者への取材で明らかになりました。  関係者によりますと、刑が確定したのは、スパイ行為に関わったとして2016年に拘束され懲役6年の判決を受けた日中青年交流協会の鈴木英司理事長と、2015年に拘束され懲役12年の判決を受けた札幌市の男性です。  2人は一審の実刑判決を不服として北京市の高等裁判所にあたる高級人民法院に控訴していましたが、去年開かれた判決公判で2件とも棄却され、懲役刑が確定したということです。  中国では2015年以降、15人の日本人が「スパイ行為」の疑いで拘束され、少なくとも9人が起訴され実刑判決を受けていますが、いずれもどのような行為が罪に問われたかは明らかになっていません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad16521948ae1830be55a3d4163fbee4e7d7787

TBS系(JNN)


PDF